2009年 08月 08日

浪江(福島) 「縄のれん」 元祖焼きそば

f0116159_12473620.jpg

始発で家を出て、常磐線に乗って6時間。
やっと福島県・浪江駅までやってきましたよ。

町おこしで太麺を使った焼そばをPRしていると聞いて、私もこちらへ。。。

f0116159_12513835.jpg

駅から歩いて5分ほどにある、”浪江名物・元祖焼そば”「縄のれん」さんへ。
お店の入口には、屋号の通りの縄のれんをくぐって入りました。

f0116159_1313294.jpg

さっそく、元祖焼きそばを注文します。
店内は、カウンター・テーブル・小上がりもあってくつろいじゃいますよ。

f0116159_136145.jpg

ふと看板に目が行くと、出来上がりまで40分かかるとの但し書きが。。。
40分後の次の列車に乗って移動しようとした考えがガラガラと崩れていきますわ。

できるまでご主人とお話をさせていただきました。
他店舗でよく利用されているのは蒸し麺ですが、縄のれんさんでは生麺を20分茹でてから
炒めてお客さんにお出しするので、どうしてもこのくらいの時間になってしまうそうです。
せっかくお越しいただいたお客様にご理解してもらいたく説明を掲示しているようですね。

私は朝10時半くらいでしたが、お昼に向けて麺を茹ではじめたタイミングだったので
焼きそばの出来上がりは20分くらいで食べられました。
実にいいタイミングで焼きそばをいただきました。ラッキーっす。

f0116159_14141025.jpg

焼きそば大盛り(680円)。
具は豚肉ともやしのみでシンプルな焼きそばです。

f0116159_14204833.jpg

麺が太いですね。でも想像していたうどんの太さよりは細くて食べやすそうですね。
で、茹でたてのしなやかさな麺がソースに絡んで、かなりおいしいですよ。

f0116159_1423051.jpg

テーブルには、「焼そば専用」と書かれたナゾの小瓶が。。。。

ご主人から
「最初はそのまま食べて、お好みでかけて試してみてね。味がぜんぜん変わってしまうので。。。。」と
少しそのままで食べた後で、さっそく振りかけて食べてみます。

これ。。。。後味の風味がまろやかな感じ、でも味わいはおいしいんです。
もちろん最初に食べた味もいいけど、これをかけたのもアリなんですよ。
どんどん食がすすんでいきます。

「焼そば専用」の粉は奥様が考え、一味とあるモノをブレンドしたもの。
七味ではいろいろ混ざってしまうので、一味を選んだそうです。
あるモノをいれると味がまろやかになり、さらに食欲がすすんでいいよ。と教えてくれました。


f0116159_14501246.jpg

何が入っているかは教えてくれましたが、ご主人からは内緒ねって言われましたので。。。。

でも、確かにコレを入れたら合うよね。

すっかり和んで、完食した後は後ろ髪を引かれつつ、お店をあとにしました。

f0116159_1459358.jpg

ご主人から頂いたお店のロゴ入りのグラスは無事に割れずに持って帰りました。
ご主人、ありがとね。

・浪江名物 元祖焼そば「縄のれん」
福島県双葉郡浪江町大字権現堂字南深町22-2

[PR]

by shinshin-blog | 2009-08-08 13:08 | おいしいもの


<< 水戸 「スタミナラーメン松五郎...      あと2ヶ月ですね >>