2009年 09月 14日

広島 「新華園」つけ麺  緊張するお店

翌朝、広島は焼けるほど暑い日になってました。
これから、ひろでんに乗ってつけ麺のお店に出かけます。

f0116159_19374551.jpg

広島の足となっている路面電車ですが、こまめに止まって料金も安いので便利ですね。
最新型も快適なのですが、年代物に当たってもうれしかったりします。

江波行きに乗って、原爆ドームを過ぎて「舟入町」で下車して徒歩5分ほど。

f0116159_19442799.jpg

広島つけ麺の元祖といえるお店、新華園さんに到着です。
って、ここから先の写真はありません。。。

ここのお店にはルールがあるのです。

1.お店に入っても勝手に座ってはダメ。窓際のベンチに座って待機します。
 「ウチは、冷麺しかないけどいいですか? 並でいいですね。」
 と確認されてから調理がはじまります。
2.どうぞ。と言われてから指示されたカウンターへ座って食べる。
3.私語、撮影は禁止。
4.食後はお代をカウンターの上のカゴへ入れて帰る。

緊張しつつ入店しましたが、お店の方は優しかったです。ハイ。

麺はパキパキと歯切れの良い麺ですね。
つけダレは酸味が少ないように感じましたが、麺とトッピングのキャベツとは相性がいいですね。

お代はカゴへ入れることになっていたのですが、カゴには小銭が入っていました。
並盛りは1000円なので、前のお客の素振りを見習って千円札をカゴの下へ挟んでおきました。

広島では飲んだ後のシメにつけ麺だそうですが、なかなかいいですよね。

・新華園
広島県広島市中区河原町6-14
※営業はお昼の数時間のみです。

[PR]

by shinshin-blog | 2009-09-14 20:05 | おいしいもの


<< 広島 「胡桃屋」 行列のできる...      広島 「ホテル ヴィアイン広島... >>