2010年 10月 22日

羽田新国際ターミナルを歩いてみた

昨日、10月21日に開港した羽田の新国際線ターミナルへ出かけてきました。

f0116159_9174184.jpg

チェックインカウンターは、開放的でいいですね。

鉄道のアクセスがよいと言ってましたが、それはモノレールに限ったことで
京急は地下ホームから上がりますので、それほどの優位さはないですね。

f0116159_924339.jpg

エスカレーターで4階に上がるとレストランやおみやげ屋さんが連なっています。
ここは大混雑で、どの店にも行列が出来ていますね。

f0116159_9354971.jpg

その中で比較的待ちが少なかった恵比寿「焼肉チャンピオン」へ入ってみます。

f0116159_940456.jpg

ここは朝7時からの営業で、朝から焼肉も可能ですね。
クッパやコムタンもあるので、お腹にも優しいメニューもあり。

f0116159_9435789.jpg

食べたのは「ビピンパ重」1400円ほど。

f0116159_9461072.jpg

ハローキティの外国人向けお土産屋さんがあったり、

f0116159_9483132.jpg

200円でスロットカーレースが楽しめたり、

f0116159_951113.jpg

小さいながらもプラネタリウムもあります。
50人しか入れないので、チケットは早めに抑えてから周遊がいいですね。
イスが硬めでしたが、気分転換にいいかも。

さて、ハブ空港として取り上げられていますが、最大の問題点は飛行機の乗り換え。

国内線と国際線は場所が離れているので、バスに頼らざるを得ない点でした。
大きな荷物を持って、外に出てバスの行列を待ってから別の建物で改めてチェックイン。

さらに無料の巡回バス乗り場で、国際線ターミナルを巡回しないバスも混ざって発着するので、
どれに乗ればいいのか現場では混乱しておりました。

国内線⇔国際線の乗り換えは、相当な時間の余裕が必要ですね。
[PR]

by shinshin-blog | 2010-10-22 10:06 | 旅行


<< 歩いてサーキットに通える宿      羽田オープン >>