2011年 03月 01日

今治(愛媛) 「重松飯店」 焼豚玉子飯

高松でうどん5杯とその他もろもろ食べた後、青春18きっぷを使ってのんびり移動です。

f0116159_1926339.jpg

車窓には瀬戸の海、のんびり移動しても飽きることない風景です。

f0116159_19343458.jpg

今治まで普通列車3本乗り通し、トイレも列車にないので待ち時間に駅に降りたら、木造の橋がまだ残っている事に気づきました。
久しぶりに見かけましたが、何気に旅をしている実感がわきましたよ。

f0116159_2064323.jpg

今治駅を降りたものの目指すお店が分かりにくい場所にあり、ようやく重松飯店に到着です。

f0116159_20162022.jpg

結構路地に入った場所なのですがほぼ満席。
ご夫婦で切り盛りしているので、なかなかオーダーにも来れないくらいの繁盛でしたよ。

こちらから厨房に出向いて、焼豚玉子飯を注文。
時間かかるよーって言われましたが、こちらも時間かけて辿り着いたので望むところです。

f0116159_20221811.jpg

時間がかかるので、今治スタイルの焼豚玉子飯の食べ方マニュアルを見てのんびり。
宿も決めてなかったので、待ち時間に予約を入れたりしてました。

f0116159_2027399.jpg

チャーシューの上に目玉焼きをのっけた、メニューそのまんまでした。
賄いの発想なので、これもアリですね。

f0116159_2033466.jpg

マニュアルに従って、2コの目玉焼きを半分に分けてから、黄身を崩して食べてみました。
美味いよー、想像通りなんだけどタレが美味いんだ。
ジャンクっぽいけど、オトコめしとしては最高のご馳走ですね。

サクっと食べてから、もう一軒のお店に向かいました。

・重松飯店
愛媛県今治市大正町5-4-47


[PR]

by shinshin-blog | 2011-03-01 20:42 | おいしいもの


<< F1の宿、確保しました      さぬきうどん五番勝負 その5「... >>