「ほっ」と。キャンペーン
2011年 07月 01日

旅で東北を支援しよう!5 盛岡 「白龍(ぱいろん)カワトク分店」 デパ地下でソウルフード

久慈市からバスで盛岡まで移動してまいりました。

盛岡といえば、じゃじゃめんを食べようと考えていたのですが、よく立ち寄る白龍(ぱいろん)本店は日曜定休日。
困ったぞ、他のお店を探すかと考えていたのですが、調べていたら日曜営業の支店がありまして。

f0116159_718096.jpg

盛岡駅から徒歩10分程で、カワトクデパートに到着です。
まさかと思ったけど、地下の食品売り場を降りてみたら。。。

f0116159_7211166.jpg

ありましたよー。まさかの場所でじゃじゃめんを食べられる意外性。
しかも時間帯を外してもカウンターは満席。うれしいじゃないですか。

f0116159_7333937.jpg

メニューはじゃじゃめんのサイズ違いと「ちぃたんたん」のみ。
困ったら、とりあえず両方頼んでおきましょう。

f0116159_7373771.jpg

じゃじゃめんは、食べ方の流儀がありまして。。。
食べ方指南は、お店でも飾ってありますよ

f0116159_747232.jpg

15分待って、じゃじゃめん(大)がきました。

ゆでた麺の上には、みそときゅうりのみじん切り。あとは赤いしょうがの固まりが1切れ。
これをひたすらかき混ぜますよー。

f0116159_7553446.jpg

そして、お酢・にんにく・らー油、みそを好みでかけて、さらに混ぜていきます。

f0116159_83950.jpg

みそのこってりさ、酢の酸味、にんにくの濃厚な味わい、らー油の辛味。。。。
いろいろ混ざり合って、独特のうまさに麺が絡んでとても美味しいです。
まさにジャンクな中毒的旨さが、じゃじゃめんの真骨頂なのでしょう。

で、ある程度食べ終えたら。。。ちいたんたんの用意をお客がセットします。
f0116159_8122643.jpg

食べ終えた皿に目の前にある生卵を割ってみそを足し、軽くかき混ぜてから自分の割り箸を添えて声をかけます。

f0116159_8155435.jpg

お店の方が麺のゆで汁をかけて、かき混ぜコショウで整えてくれます。
これが「ちぃたんたん」。かき玉スープですね。
それを味噌やにんにくを足して調整して、自分好みにカスタマイズします。

麺もあじつけもすべて食べきる、なかなか素晴らしいアイデアかと感心しました。

・白龍(パイロン)カワトク分店
岩手県盛岡市菜園1丁目10番1号 パルクアベニューカワトク地下1階


[PR]

by shinshin-blog | 2011-07-01 08:26 | おいしいもの


<< 旅で東北を支援しよう!6 青森...      旅で東北を支援しよう!4 久慈... >>