しんしん ”やってみよう!”

goshinshin.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 23日

石巻 「かき小屋渡波」 焼きかきで復興の希望を

f0116159_12225513.jpg

震災以来何度か訪れている石巻で、牡蠣の消費と復興への希望を目指して「かき小屋」が2月18日にオープンしたと聞いて食べに出かけてきました。

f0116159_12271065.jpg

渡波地区から万石橋を渡ってすぐ、ココストアのコンビニの隣にかき小屋渡波のテントがあります。赤い旗が目印で駐車場も10台ちょっと入れるスペースがありましたが、ほぼ満車でした。

f0116159_12274855.jpg

テントに大漁旗が掲げてあり、テンションが上がってきますね。
まずは店員さんに声をかけて名前と人数を告げて順番を待ちます。

f0116159_12302544.jpg

呼ばれたらレジでお支払いしてから炭焼き場所に案内される流れです。
牡蠣10個(1.3キロ)で千円、炭代300円、かきナイフ100円のお支払いは必須で、あとはお好みで飲み物もここで購入します。なお、持ち込みは禁止です。

牡蠣を焼く道具のトング、軍手、ぬれタオル、しょうゆ、ぽん酢、お箸はテーブルに用意されています。

f0116159_12335423.jpg

みなさんも焼きに夢中ですね。

f0116159_12353181.jpg

焼き方として、牡蠣の平らな面を下にして1分焼いて、裏返して膨らんでいる側を下にして5分焼き口が少し開いてきたら食べ頃の目安です。
さて、ここからが牡蠣と自分との戦いですよ。。。

f0116159_12411229.jpg

かきナイフを差し込んで、上の平らな面にナイフを這わせて貝柱を切り、そのままナイフをテコの要領で上げると貝が開きます。
ここで気をつけたいのが、傾けると熱いカキの汁が流れ出して手に熱い汁がかかりますよ。
軍手をした上でカキの下にぬれタオルを敷いてカキとの戦いに挑んでみてね。

f0116159_124624100.jpg

苦労してこその焼きかきを堪能します。
熱い!でも、すげー旨いですよ。焼き牡蠣を初めて経験しましたが、これはヤミツキになりそう。

f0116159_12501162.jpg

そのままでも、しょうゆをかけてもよし、ぽん酢でさっぱりもまたよしですね。
私は後半は、さっぱりとしたぽん酢が気に入ってたべてましたよ。

このかき小屋は、福岡市漁業協同組合唐泊支所と福岡市役所の皆さんのご協力と三陸牡蠣復興支援プロジェクトで開設することができました。
今年は2月18日から5月頃までの期間限定ですが、是非とも石巻に行って牡蠣を食べて、そして今の石巻の現状を県外から見て知ることも我々ができる復興支援になると思います。

・かき小屋渡波(わたのは)
宮城県石巻市渡波字祝田75-5
コンビニのココストアの隣にあります。
11時から16時までの営業で、5月ごろまでの予定です。

くわしくは、こちら

・アクセス
石巻駅からタクシーで2300円前後。(レシートをもらっておくと帰りもお願いしやすいです)
石巻駅からバスならミヤコーバスで渡波駅前下車徒歩10分くらいで350円。本数はかなり少ないです。

※追記・重要事項※
2012年3月27日より諸事情により、当面の営業を自粛されています。
http://ameblo.jp/fukkokaki/entry-11204856333.html

※営業自粛は解除されましたが、今後については各自でご確認ください。

今後の営業につきましては、上記アメブロにてご確認ください。



[PR]

by shinshin-blog | 2012-02-23 13:01 | おいしいもの


<< もっと東北へ はやぶさ号グラン...      F1スティンガークラブ オフ会 >>