「ほっ」と。キャンペーン
2012年 09月 10日

Jetstar 予約から搭乗までの苦労

f0116159_19581539.jpg

4月に予約したジェットスタージャパン、先日ようやく利用してきました。
ひと言で表すとしたら、まあなんとも面倒くさい会社でした。

4月のバーゲンセールのキャッチコピー「成田-沖縄 ¥2,900」

しかし、実際には往復での予約が必須。さらに座席指定をすると250円~850円追加チャージ、
料金の支払いにほぼ例外なく片道あたり200円のチャージ、荷物を預けると重さによって追加チャージを取られます。
恐ろしいのは、コールセンターや空港での新規予約には1800円の追加チャージがかかります。
しかもコールセンターに繋がるには、最低でも30分以上待たされます。(私は1時間少々待たされました。)

いったい定価はいくらになるのか?LCCとはいえ、どこまで料金を払わされるのか不安になりましたが、とりあえず片道だけ座席指定をしてコンビニ支払いを選択で完了。成田~那覇の往復は6,450円で済ませました。

コンビニ支払いも済ませて、出発2週間前にWebで予約状況を確認すると未払い400円の表示。
不当請求にもWebでの修正が不可能なので、コールセンターへ電話をかけました。
自動応答でしたが「オペレーターが応答するまでに30分以上かかります」との音声が流れるまま、じっと待つこと1時間オーバーでようやくコールセンターに繋がり、現状を予約画面を見つつ交渉し、やっと修正させてメールでも修正させたリストを送信してもらいました。

まあ、こちらで気づかなければ未払いで取り消しされる可能性もあったので、焦らされるしとても根気の要る作業を強いられましたよ。

f0116159_20231155.jpg

二日前にEメールで届いたのをクリックして、搭乗券を自宅でプリントすればこれでWebチェックインはOK。預ける荷物が無ければ当日の出発30分前にセキュリティーを通過して朝5時半までに出発ゲートの前にいれば搭乗できるですが。。。

成田空港に朝5時(出発1時間前)までに成田空港に行くには始発の電車では間に合わないハードルが待ってました。
その問題を解消するために格安の夜行バスが用意されていましたが、それは次項でご紹介します。
[PR]

by shinshin-blog | 2012-09-10 20:23 | 旅行


<< F1臨時シャトルバス 近鉄白子...      行きのバスを予約 >>