2007年 11月 07日

松阪 「和田金」 すき焼き

松阪で、和田金で、すき焼を食べる!!
今回の旅行はこれがメインでした。(キッパリ!!)

f0116159_619371.jpg

それほど、”松坂牛 = 和田金” はちょっとしたブランドになってます。

鳥羽から近鉄特急に飛び乗り、車内から予約をしてみました。
平日の夕方でしたが、18時から満席なので17時から1時間で予約をお願い
していざ松坂へ向かいます。

f0116159_6292151.jpg

松坂には「一升びん」(ここの平生町店は風情がある店舗で好きですよ。
みそダレで焼いて食べるこの地域独特の食べ方がありますね。)だったり、
「牛銀本店」、「ステーキハウス三松」などのいくつかのメジャーな店舗が
あります。

f0116159_635216.jpg

歩いて10分ほどで和田金に到着しました。料亭ビルっぽい建物になっていて、
精肉の販売の入口と食事利用の入口の2ヶ所あります。
(写真の右側入口はお肉屋さんで、食事は左奥の入口から入ります。)

f0116159_6374566.jpg

名前を告げて、仲居さんに案内されたのは3階の個室でした。
8畳ほどのこじんまりした部屋ですが、落ち着きますね。
仲居さんのご挨拶の後でメニューを拝見。
すき焼き、あみ焼、しゃぶしゃぶ、ステーキなどなどありましたが、ここはすき焼きを。

f0116159_655141.jpg

炭をおこしたものを丁寧に並べ、鍋を置き、1人2枚のお肉を焼いていきます。
まず、お肉1枚だけを焼き、砂糖をかけ、しょうゆらしきものをかける関西スタイルの
調理法です。そして自分で溶いた卵の器に仲居さんが焼いたお肉を入れてくれます。
その後、野菜を入れ肉を焼いて自分の器に供してくださいます。
f0116159_6564038.jpg

そう、焼くのも鍋から自分の器へ運ぶのもすべて仲居さんがやって下さいます。
本当に私達はただただ食べるだけ。。。。
その後仲居さんと話しつつ料理を頂いたのですが、お店が忙しくなる時期は
年末年始、お盆、そしてF1の時期は混雑するようですね。
(F1の頃は関係者の方がよくお見えになるそうです。)

たった1時間でしたが、せかされることもなくゆっくり堪能いたしました。
お値段も2人で2万円を少しオーバーしたくらい。(お酒は飲んでいません)
カミさんも満足してくれ、連れて行った甲斐がありますね。

その後は、近鉄特急と新幹線を乗り継いで品川まで帰ってきました。
[PR]

by shinshin-blog | 2007-11-07 06:29 | おいしいもの


<< 築地市場(場内) 「高はし」 ...      伊勢 「すし久」 手こねすし >>