しんしん ”やってみよう!”

goshinshin.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 14日

素足でくつろぐ 高山市 「宝生閣」

f0116159_6424015.jpg

「古い町並」を雪が降り続く中で、今日の宿の「宝生閣」へ目指します。

f0116159_6523995.jpg

宮川にかかる中橋から旅館を見上げると宿は城山公園への高台に位置しています。
ただ、雪が降っている中でこれから坂を上がるのはキツイよね。
事前予約をしておけば駅から宿まで送迎車でたどり着くのですが、せっかくの雪景色。

f0116159_742530.jpg

雪の坂道で足を取られつつ到着しました。

こちらでは入口で靴を預けたらあとは素足か用意されている足袋を履いて館内を
すごします。客室へたどり着くと仲居さんが体にあった作務衣を用意して下さいます。
これとてもリラックスしますね。浴衣だと着くずれが気になるのですが、そんな心配も
なくいいですよ。

f0116159_718164.jpg

館内はリラックスのコンセプトを意識して、廊下はすべて畳敷きになっています。

f0116159_7194910.jpg

徹底しているのはエレベータの中も畳敷き!

案内された客室はバストイレもついてますが、お風呂はビジネスホテルにありがちな
ものでした。でも、使わずに1階にある大浴場と露天風呂を利用してみました。
大浴場は、ある一定の規模はありましたが露天は狭かったね。
ただ、23時から貸切露天風呂を予約していましたので、こちらを楽しみにしてました。

f0116159_7264662.jpg

時間になりましたので、紅白を見るのを止めて貸切露天風呂へ向かいます。
お風呂は陶器製の「月」と檜製の「星」の2つあるのですが、事前予約の段階で
空いていた「月」へ入ります。

f0116159_7463615.jpg

最上階から高山の夜景を見ながら露天風呂に入りましたよ。
雪が降る中で入って出てを繰り返し、まったりすごしました。
[PR]

by shinshin-blog | 2008-01-14 07:57 | 旅行


<< 京王百貨店の朝は早い      日本一の焼そば! 岐阜・高山市... >>