「ほっ」と。キャンペーン
2008年 02月 20日

築地「高はし」 あんこう煮

f0116159_9564498.jpg

場内でお世話になっている「高はし」さん。

玄関にあるお品書きを見るのが楽しみです。
単なるメニューではなく、日々入荷した魚の状況や値段によって変わるので毎日
手書きで書き換えていますね。
※でも、ここに書いてあっても売り切れているメニューもある場合があります。
店内に入って掲示されている木札が実際注文できる料理になりますので。

f0116159_1071870.jpg

この日は、冬の看板メニューのあんこう煮がまだありましたので、注文してみました。
価格は日によって異なりますが、2500円から3000円くらい。入荷が無い日や早い時間
に売り切れの場合があります。

北茨城で食べたあんこう鍋はあん肝を味噌で溶いた通称どぶ汁仕立てですが、
「高はし」さんのあんこう煮は、しょうゆベースで肝やいろいろな旨みが味わえます。
こちらの方が食べやすいですね。

f0116159_10134764.jpg

肝ももちろん入ってますが、皮や身などいろいろな部位があり食感も楽しめます。

f0116159_10161910.jpg

定食(プラス300円)にするとついてくる小鉢。
最初に出てくるのですが、これが美味しい。メインが来る前に食べちゃうことも。

f0116159_10185849.jpg

刺身盛り合わせも注文してみました。(単品で1000円)
刺身はもちろん美味しいのですが、一緒についている「のり」もいい。

「高はし」さんは値段は決して安くはないんです。
(刺身定食は採算度外視って感じでサービスメニューだと思う。)
でもね、きっちりとした料理を提供してくれるのでそれがわかれば通ってしまいます。
以前、他にお客さんが少ない日にゆっくり若旦那とお話させて頂きましたが、魚への
情熱というか思い入れって感じでお客さんに心からいい魚を食べて欲しい気持ちが
伝わりました。

「築地 = 寿司」もいいけど、こういったお店にも足を運んでほしいな。
[PR]

by shinshin-blog | 2008-02-20 10:24 | おいしいもの


<< 築地場外「瀬川」 まぐろ丼       築地市場へ行ってみよう! 「高... >>