しんしん ”やってみよう!”

goshinshin.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 16日

自然のままで 妙見温泉「石原荘」

f0116159_1111711.jpg

実に開放的な露天風呂。
ここ鹿児島県の妙見温泉石原荘に日帰りでお風呂を利用したことがありました。
かけ流し、川沿いの開放感、すばらしい泉質。
もう一度行きたくなりました。

f0116159_11171811.jpg

鹿児島空港から妙見温泉へのアクセスが容易になった温泉バスを利用してみました。

朝一のバスで福岡から鹿児島空港についたのが朝9時すぎ。
温泉バスの始発は10時過ぎからなのでまだ時間があります。

f0116159_11133620.jpg

SANQパスは温泉バスでは使えないので、空港案内所で温泉バスや入湯に使える
温泉パスポート(1日券500円)を別途購入することに。

f0116159_1524143.jpg

鹿児島空港でも足湯がありました。
妙見温泉は空港の反対側に位置しているので、場所的に温泉が湧いても不思議では
ないですね。朝10時から利用可能でしたのでつかってみました。「天然かけ流し」の
看板(消毒と清掃を実施の注釈がありました。)もあり、単なる足湯にないお湯のよさが
良くわかるいいお湯でした。

f0116159_1535991.jpg

温泉バスは空港を出てJR嘉例川駅を通ります。写真では写りませんでしたが、
土曜日の10時半の駅前には50人ほどの行列が出来ていました。
土日限定の駅弁「百年の旅物語かれい川」を買い求める行列でバス停車中に
バンでお弁当の搬入がありましたので、販売されたのでしょう。

あと、この温泉バス。地元の方も結構利用されていました。
路線バスって距離制だと結構お金もかかるし、本数もすくないので地元の方にとって
貴重な足になっていました。

f0116159_15464846.jpg

10時40分頃、石原荘に到着いたしました。
フロントで日帰り温泉利用の為に料金を支払いますが、温泉バスについていた
チケットを渡して1000円で割引利用できますよ。

f0116159_15515235.jpg

一旦外に出て敷地内を歩く事5分くらいで目指す露天風呂「椋の木野天風呂」の看板。
ここから川への坂道を下りていきます。

f0116159_15595637.jpg

途中脱衣場から眼下に露天風呂が見えます。
湯守の方からちょうど清掃が終わって、まだ湯船はいっぱいになってないけど
じきに入れますよ。と声をかけられました。ありがたい!一番風呂です。

f0116159_1644213.jpg

風呂の周りを遮るものもなく、木々と川の音に囲まれて温泉を楽しめます。
源泉かけ流し、加水、消毒もありません。
ここの温泉のスゴイのは、珍しい炭酸泉。湯船に浸かっていると、体に小さな泡が
つきます。この地域では「ラムネ温泉」といわれるほどの炭酸泉があり、体にもいい
効能があるそうです。。。。が、私はただ楽しむばかりでした。

f0116159_16172591.jpg

源泉から湯船に流れたお湯はそのまま目の前の天降川へと流れていきます。
もったいないといえばもったいないけど、それもまた贅沢ですね。

f0116159_16205698.jpg

ゆっくりお風呂を楽しんだ後は温泉バスで鹿児島空港へ戻り、また高速バスに乗って
鹿児島へお昼を食べに行きます。
[PR]

by shinshin-blog | 2008-03-16 11:17 | 旅行


<< 鹿児島 「三平らーめん」 黒味...      SANQパスで九州をめぐるぞ >>