「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ねこ( 24 )


2016年 03月 17日

猫カフェMoCHA 原宿店「日本の観光地版・猫カフェ」

f0116159_19521542.jpg

池袋・渋谷店に続いて、
猫カフェMoCHAの3店舗目が原宿にオープンしました。

f0116159_19522019.jpg

このお店共通となる大きな木製の樹木をセンターに客席が広がります。

f0116159_19522337.jpg

樹木のランプには桜の模様が入っており、日本を代表する原宿ならではのこだわりも見えてきますね。

f0116159_19522695.jpg

ご利用代金とは別に猫さんのオヤツが別途500円であげる事ができます。
ただしオヤツの回数制限なんですが、
見ていて制限無しの様子。

その辺の管理がどうしているのかが心配です。

f0116159_19523137.jpg

3月にオープンしたばかり。
猫さん達もバックヤードに籠ることもなく、今はとてもフレンドリーな関係でいられそうです。

f0116159_19523344.jpg

窓越しに原宿駅が見える程の近さ。

f0116159_19523555.jpg

他の店舗より少な目ですが、ソファー席もあるので、ゆっくりと猫たちを眺めるのもよいですね。

f0116159_19523828.jpg

場所柄、原宿店のエリアが観光地の一等地なので、短時間すごされるお客様が多いのが特徴。

あまり長居しても10分200円単位でかかるので、ちょっとひと休みに利用されるのがよろしいですね。

一時間ちょっと+フリードリンクで2000円オーバーは、猫カフェとしてはかなり強気な設定でした。

・猫カフェ MoCHA 原宿店
東京都渋谷区神宮前1-14-25 4階

[PR]

by shinshin-blog | 2016-03-17 19:24 | ねこ
2015年 02月 17日

池袋西口 猫カフェ モカ 「もうひとつのタイプ」

f0116159_2123311.jpg

昨日、池袋駅西口に猫カフェがオープンしたときき、出掛けてきました。

f0116159_21232417.jpg

東京芸術劇場とバスターミナルの前、セブンイレブンの3階と立地はかなりいい場所ですね。

f0116159_21234641.jpg

階段を上がるとこんな看板。
10分200円、のちのちこの仕組みにびっくりします。

f0116159_21262828.jpg

店内は木製の大きな木がキャットタワーになっていて、お店のシンボルになっています。

f0116159_2125445.jpg

木の周りに席が配置されてますが、周りにもコンセント付の椅子が配置されていて、充電にも便利です。
さすがは繁華街のお店ですね。

f0116159_2127683.jpg

座敷席のようなスペースもあり、カップルでまったりするのも良さそう。

f0116159_21274796.jpg

池袋としては珍しくバスターミナルのお陰で空間が広いので、猫を見つつのんびりとするのもいいかもしれませんね。

f0116159_2128247.jpg

ふと猫たちも下界を眺めております。
量販店と猫のコラボの風景も味なものですね。

f0116159_21284080.jpg

猫関係の雑誌も豊富!言うことなし。

f0116159_21293681.jpg

子供の猫たちが多いので、まったりと寝ている子がいたり。

f0116159_21302349.jpg

キャットタワーにいる姿も子猫を下から眺め。

f0116159_2131637.jpg


f0116159_2132119.jpg

ドリンクは入店時にお願いすれば、別途かかりますが飲み放題。
まったりするには申し分ないお店ですね。

が、レジでのお支払いが3000円!
居心地がよく素晴らしいお店なのですが、パック料金になっていないので恐ろしい金額になることが難点。

開店2日目として、このあたりも改善していただきたいですね。

・猫カフェ MoCHA
東京都豊島区西池袋1-15-6
セブンイレブンの3階
10時~20時まて(年中無休)
[PR]

by shinshin-blog | 2015-02-17 21:20 | ねこ
2014年 06月 29日

本駒込 UN FLOCCUS CAFE 「新しいスタイルのペットカフェ」

f0116159_10294621.jpg
2月22日に文京区初めてのペットカフェがオープン。
※ペットカフェですが、動物同伴でのご来店はご遠慮いただいております。
<訂正>
店舗に貼られていたポスターに動物同伴でのご来店を遠慮と表示しており、そのまま紹介しましたが
ご指摘の通りワンちゃんも一緒に店内に入ることができますよ。
床にリードフックもあり、ワンちゃんのおやつもありますので、散歩の途中でお立ち寄りください。

f0116159_10295791.jpg
フードやドリンクが充実していて、お店の猫を眺めつつゆったりすごせますよ。
f0116159_10321403.jpg
最近改修されたネコ部屋は少し広くなりました。
もちろん部屋に入ってネコたちと遊べますが、大人2人くらいが快適かと思います。

大きな柱のネコタワー。どこかで見たような気が。。。

f0116159_10374155.jpg
店主さんの家などから23匹のネコたちのうち4~5匹が、週替わりでお店にやってきますよ。
シャイで隠れる子もいますが、遊び足りなくてスリスリしてくれる人懐っこい子もいて楽しいですね。

f0116159_10415007.jpg
ネコ型クッキーにヨーグルト、そしてワッフル。これは東戸塚にあったニャッフル。。。
さらに閉店した東戸塚でお馴染みだった、特製ジンジャーエールもここで復活!

こちらのワッフルはカリカリとした風味、味も何種類かあってなかなかですよ。
お店の楽しみ方としては、猫たちを眺めつつゆっくり飲食をしてから、ネコたちと遊ぶのがよいかと。

・UN FLOCCUS CAFE
東京都文京区本駒込4-36-8
不忍通り沿いの動坂下交差点を駒込方向に進むとお店があります。
駒込駅からも近いのですが道が入り組んでいるので、JR田端駅から動坂下交差点を目指してからの道がわかりやすいかと。

営業時間やお休みはこちらでご確認ください。

[PR]

by shinshin-blog | 2014-06-29 11:08 | ねこ
2014年 04月 23日

青梅 「VIPなネコカフェ」想像を越える立地

猫カフェ業界にも新たな展開がある
ときき青梅市へ出かけてきました。
f0116159_1133099.jpg

青梅駅から徒歩20分くらい、バスでのアクセスは本数極少です。
まさかのパチンコ屋さんの中にありました。
正直、パチンコ屋さんの騒音での環境がどうか?とても気になりました。
f0116159_114502.jpg

儲けは度外視なのでしょう。
時間無制限の料金、さらにパチンコ屋さんの会員さんや特定日には格安に猫カフェを利用できますね。
f0116159_1154021.jpg

パチンコ屋の店内に入り、2階へと階段を上がります。
中は至って普通の猫カフェでした。飲み物はミニ缶のソフトドリンクが飲み放題。ネコじゃらしや雑誌も完備されています。
パチンコ屋さんのスタッフさんにも猫たちは可愛がられているようですね。
ガラスの下を見れば、熱心にパチンコ台で打つお客様もご覧にいただけます。
f0116159_1163148.jpg

ボックスの柄がいかにもパチンコ屋さん(笑)
確かに多少じゃらじゃらと店内の音が猫カフェゾーンに入ってしまうのが気になりましたが、猫たちには慣れてしまう環境なのかもしれないですね。

※パチンコ屋さん内にあるので、18歳以上の制限があります。

東京都青梅市千ヶ瀬町3-407-1
パチンコサンフラワー千ヶ瀬店2階
[PR]

by shinshin-blog | 2014-04-23 10:58 | ねこ
2013年 12月 07日

板橋 「わんにゃんカフェNeoNeo」

12月に新たなねこカフェがオープンしたので、出かけてきました。
f0116159_2217246.jpg


板橋区前野町にわんにゃんカフェneoneoが12月3日からオープン。
お店の公式ページでは、地下鉄志村坂上駅から徒歩の案内もありますが、
距離があるのでバスでのアクセスがお勧めです。
(JR赤羽駅西口と東武東上線ときわ台駅を結ぶ国際興業バス「赤53」系統の前野町3丁目で下車)

1階入口のドックカフェで受付し、すぐ近くの洗面所で手を消毒してから靴のまま2階へ上がります。

f0116159_22272882.jpg

2階のドア前でにある柵を外して、再び柵を閉めてからねこカフェ部屋へ入り靴を脱ぎます。
(ドアの開け閉めと柵の開閉には、ねこスタッフが出ないように気をつけて入店を)

おひとり様につき1オーダーが必須になってます。

f0116159_22365885.jpg

キャットウォークがあり、太陽光も十分に入る手頃なスペース。
6人くらいがちょうどよい広さですね。

ネコさんは、まだ人馴れしていないので、慣れるまではまったりとすごすのがいいかもしれませんね。
時間をかけて慣れてくると近寄ってくれました。

f0116159_22441998.jpg

このねこカフェさんは特徴的なネコが多く見かけましたが、特に愛嬌があるのが、覆面を被ったような「かぼす」くん。
普段は上のキャットウォークや本棚でまったりとしています。
怖がりなので、そっと眺めるのがいいですよ。

f0116159_2249011.jpg

そして、本棚にいるマンチカンのボンくんもなかなか面白く、なごみキャラですね。

板橋区に初めてのネコカフェですが、1階のドックカフェのキャバリエの2頭も尻尾を振って愛嬌たっぷり。
のんびり和めるお店でしたよ。

詳しくはこちら

・わんにゃんカフェ&ペットホテルNeoNeo
東京都板橋区前野町3-25-4
(イズミヤを目印にして、ENEOSとブックオフの交差点そばです)
※向かいにコインパーキングあり

[PR]

by shinshin-blog | 2013-12-07 23:01 | ねこ
2013年 08月 05日

秋葉原 「cat cafe myanny」 和室のある猫カフェ

f0116159_20554166.jpg

今日、8月5日にオープンした猫カフェのある秋葉原へ出かけてきました。
秋葉原よりも銀座線の末広町からが迷いにくいかもしれないですね。

f0116159_20593731.jpg

ビルの4階にお店があるのですが諸事情によりエレベーターが使えず階段で上がります。

猫飛び出し防止のためドア脇のインターホンで呼び出して、ドアが開くまで待機。
玄関で靴を脱いで説明を受けるのですが、ブログを読んだことを話すと説明を省略、手の消毒も求められませんでした。(5階の洗面所をお借りして手洗いを済ませておきました)

4階と5階の2フロアに分かれていますが、飲み物は4階でいただきます。
カフェは猫フロアの前でも後でも自由に利用でき、カフェを利用しなくてもよくなってます。

f0116159_219163.jpg

猫カフェでは珍しい畳敷きの和室がありますよ。
畳も新しいのでとても居心地がいいですね。

f0116159_21103661.jpg

畳と座布団に扇風機、まさに自宅のようにくつろげます。
ゴロンとしちゃってリラックス。

f0116159_2112259.jpg

隣は洋間でベットも用意されてます。
こりゃ、おうちだよね。

f0116159_21132841.jpg

ラパーマの珍しい子もいましたよ。
2、3か月の子がほとんどなので、オモチャにも反応がいいですね。

f0116159_21153011.jpg

神戸から秋葉原に2号店を出した猫カフェcat cafe myanny。
心配なのは店員さんが5階のフロアへ上がってこないので、猫のケア管理が把握できるのか。。。
お客への消毒や畳へのスプレーをどう対応していくのか。気になることも多く、その先が心配です。

・猫カフェcat cafe myanny
東京都千代田区外神田4-8-3
セゾン秋葉原4F


[PR]

by shinshin-blog | 2013-08-05 21:22 | ねこ
2011年 11月 26日

こたつ入りました

f0116159_1635152.jpg

水戸市の猫カフェ「茶々丸」さんに耳寄りな情報が入ったので、出かけてみました。

f0116159_16154499.jpg

猫ルームにこたつがセットされました。
マッサージ機も置いてあるので、まったり寛げますよ。

だが。。。ネコたちといえば
f0116159_16201448.jpg

ここ、いい感じですよ。

f0116159_1625263.jpg

こうやって、お立ち台に使うのかも?

f0116159_16341780.jpg

分からないときは、こうしておこう。
ぬくい。。。寝てまう。。。

こたつの天板でもじゅうぶん暖かいので、こたつの上に乗ってしまうようですね。

f0116159_1638958.jpg

どこでも寝られたら平気だわ。
しかし、よく寝てるのう。

こたつの中に入って休むネコは二頭いるけど、まだまだの様子でした。
慣れてくれれば、ネコと一緒にこたつで暖まれますね。
[PR]

by shinshin-blog | 2011-11-26 16:40 | ねこ
2011年 09月 24日

田代島 旅日記 漁師とネコの光景

f0116159_12202441.jpg

朝5時に起きて、民宿近くの仁斗田漁港に出かけてきました。
小さい漁船が海から戻ってくる頃を知っているかのようにネコがあちらこちらから出てきます。

f0116159_12255514.jpg

船が近づくとしっぽを立てて、そわそわし始めました。

f0116159_12315779.jpg

ネコ同士微妙な距離感があり、縄張りもあるのでしょうか。
右から来たネコに真ん中のネコが威嚇をしていますね。
いいポジションでもあるのかな?

f0116159_12392724.jpg

刺し網に掛かった魚を外す作業の頃には、周りをネコが囲みます。
写真には写っていませんが、漁師さんの後ろにもネコが待ち構えてますよ。

魚を見たら飛び掛ってもよさそうですが、田代島のネコ達はじっと待っています。

f0116159_12451489.jpg

おこぼれを切り分けて待っていたネコたちへ分け与えます。
行儀のいい微笑ましい光景ですね。

f0116159_12524261.jpg

次の船が着たらネコたちがお出迎えです。

f0116159_132650.jpg

このネコは切り身を咥えて集落へ向かって歩いていきました。
子供にでも分け与えるのでしょうか。

f0116159_1398100.jpg

まるごとゲット!いいなー

f0116159_1313190.jpg

ごはんに夢中になっているネコに昨日お会いしたフランスからボランティアで来られた獣医さんと写真家の田中さん、「にゃんこ・ザ・プロジェクト」のメンバーさんがネコを捕獲して、予防接種等の処方をして下さってます。

そんな朝の光景を東京新聞の女性記者さんが立会い、漁師さんや活動されているみなさんに取材されていました。正に歩いて記事にする地道な取材光景でした。
※平成23年9月18日・19日東京新聞紙面「あの被災地を忘れない」欄です。機会がありましたら、探して一読していただくと現状を判るかと思います。

f0116159_13253467.jpg

島のネコたちは、体は小さいけどいい表情をしています。

f0116159_13314385.jpg

食べたらあちらこちらでゴロリ。
野良なので触ることは出来ませんが、危害を加えないと理解してくれれば傍でリラックスしてくれます。
こうした光景もまたこの島へ来たくなるのですね。

f0116159_1346554.jpg

網から外した魚は漁師さんの名前入りのクーラーボックスに入れて、朝の網地島ライン・マーメイド号が来るまで待ちます。
船が来るまでは、獲れた魚を見比べたり雑談したり。。。

f0116159_13472691.jpg

朝のマーメイド号は接岸されるとすぐにクーラーボックスを船内へ乗せられて石巻港へ。
こうして田代島での漁業が成り立っています。

この光景、島で泊まらないとみれない贅沢な瞬間です。

f0116159_13555723.jpg

ただ、番屋小屋が倒壊していたり、ガレキが山積みにそのままであったり、従来のフェリー乗り場が地盤沈下と津波によって崩壊して使えなくなったり問題山積な現実もあります。

島は少しづつ再生を目指して、歩き出したばかりです。
でも、島の魚を食べたり民宿を利用したりすることで島への復興のお役に立てられることで、応援はできるかと思います。

宿のおかみさんからも今後も引き続き動向を見続けてほしいと言ってくれました。
島の事を教えてくれたり、素晴らしい家庭的な食事と温かいもてなしに感謝です。

田代島へお越しになるみなさまへ

田代島では猫への餌付けが禁止されています。島の自販機は現在故障して使えません。観光客が利用できるトイレも滞在中は見つかりませんでした。自分自身で食料と飲料はせめて用意しておくと慌てません。船は天候によって欠航になって何日も島で足止めになることもあります。
いろいろとありますが、復興へのお手伝いが観光客で出来ることもありますので、田代島を訪ねていただきたいです。
[PR]

by shinshin-blog | 2011-09-24 12:55 | ねこ
2011年 09月 17日

田代島 島日記 ネコを探して歩いてみました

f0116159_003385.jpg

朝のマーメイド号で田代島・仁斗田港へ入港します。
日によっては大泊への入港になる時もあるみたいですが、無事に民宿に近い場所で助かります。

f0116159_08506.jpg

港の開発センター前で、第一島ネコ発見!指を差し出すとスリスリしてきます。
イスに座ってまったりしていたら荷物のそばででゴロリ。

f0116159_0172659.jpg

お世話になる民宿で荷物を置いてから、そばにいた子猫さん。
さすがに怖がりなので、茂みからこっそりこちらをうかがってました。

f0116159_028990.jpg

せっかくなので、持参したヒモで遊んでみました。
エサを与えなくてもネコたちとコミュニケーションはとれますよ。

f0116159_0312293.jpg

猫神社は右ですな。舗装されている道ですが、残暑でシンドイですが歩きます。

f0116159_0371389.jpg

途中、ネコたちが集まるお宅をみかけてご挨拶させていただきました。
にゃんこ・ザ・プロジェクトで活動の一環で、ネコたちへの予防接種とレボリューションのスポット投薬をされていました。
とはいえ、ノラねこさんを捕獲して注射や処置をするのは一苦労。

f0116159_0501534.jpg

厚手の手袋でガードしてから、たもでネコを捕獲します。
「田代島猫景色」の著者で写真家の田中さんが捕獲し、ドイツ在住でボランティアで島に来られた獣医さんが処置をします。
炎天下の中で猫さんを捕獲しようとしては逃げられたり、なかなかのご苦労です。
ネコたちへの投薬費用もかなり費用がかかるし、獣医さんが島へ来てくださるのも有難いですね。
こうしてプロジェクトの活動の一部を見られて、支援した甲斐がありました。

f0116159_163994.jpg

f0116159_17504.jpg

しばらく歩いて猫神社へ。
置石に様々なネコの絵が描かれて奉納されてました。

あまりの暑さで大泊まで歩くのを断念し、来た道を引き返して阿部ッ商店で一休み。
お店は営業していましたが、店の前にある自販機は使用不可となっています。

f0116159_113317.jpg

お店の外にあるベンチでコンビニで買ったおにぎりを出そうとしたら、コンビに袋のガザゴソ音にネコが反応してベンチまで寄ってきました。
田代島でネコへの餌付けは禁止されているので、心苦しいですが与えずに食べました。

f0116159_1304918.jpg

扉の隙間からネコを見ていたら、こっちへ近づいてきます。

f0116159_131439.jpg

なかなか堂々とした風格。
こちらもちょっとビビリましたが、何もないと判ると道路でゴロリ。

このゆるい雰囲気が田代島ならではかもしれませんね。
[PR]

by shinshin-blog | 2011-09-17 01:17 | ねこ
2011年 09月 13日

田代島 旅日記 島へのアプローチ

東日本大震災から半年経ちました。

久慈市、気仙沼市、石巻市、仙台市、福島市などへ出かけいろいろと感じることもありました。
もどかしさを現地へ出向いて感じ、支援を引き続きする気持ちを胸にしまって。

旅が好きな私が出来ることは、震災・津波・原発問題で大きな被害を被った観光業を支えること。現地のバス・タクシーを使い、地元の食堂・地場産業の商品を利用して、地元のホテルにお世話になる。これが私なりに出来る支援の気持ちです。

石巻市にある田代島は、漁業と釣りや民宿などの観光を生業とする小さい島で、高齢者が多く住む限界集落。ここ数年では、ネコと人が折り合う島として有名になり前から旅をしたい島でした。

まだ半年で受け入れも難しい状況かと思いましたが、島の現状を知りたくて2日間滞在しました。

f0116159_10172666.jpg

田代島への玄関口となる石巻までは、新宿から直行する夜行バス「広瀬ライナー」で朝6時半頃到着。
ここから網地島ラインの乗船場所まではタクシーが唯一の手段です。
※タクシーでは、三河町の石巻埠頭サイロそばの網地島ライン船乗り場と伝えると分かりやすいです。料金は1500円前後です。帰りのタクシーを呼ぶためにも電話番号を記載してあるレシートを頂いておきましょう。

f0116159_10291058.jpg

事務所と待合室です。切符は船内で係員さんが回ってくれるのでそのときに。

f0116159_10322740.jpg

待合室には東日本大震災での写真がファイルされています。

f0116159_103616.jpg

現在の網地島ラインの時刻表です。

f0116159_10421260.jpg

朝と午後の1日2便ですが、日によって欠航や乗下船場所が仁斗田から大泊へ変更になることがあります。島では船の変更や乗船場所が判ったら放送で呼びかけされます。

f0116159_10423568.jpg

今はマーメイド号が島の頼りになってます。

f0116159_1124196.jpg

田代島へ到着すると番屋前には、瓦礫の山が広がっています。

f0116159_1055850.jpg

番屋自体も津波により被災され、エアコンの室外機がぶら下がっていたり、外の建物が土台だけになっていたり、被害の現実を知ることになります。

仁斗田の集落にある民宿で荷物を置いてから島を歩いてみます。
[PR]

by shinshin-blog | 2011-09-13 10:56 | ねこ