しんしん ”やってみよう!”

goshinshin.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:東日本大震災( 4 )


2011年 06月 30日

旅で東北を支援しよう!3 「三陸鉄道・北リアス線」 乗って支援

3月の東日本大震災で、線路や橋脚の流出で現在も一部区間のみ運転の三陸鉄道。
復旧には相当の費用と期間が必要です。

f0116159_6244724.jpg

乗車した6月19日時点、3駅だけ復旧させ運転している現状ですが、現状を確認したくて乗車してみました。

f0116159_6314373.jpg

f0116159_6365669.jpg

「災害復興支援列車」としてのダイヤが組まれています。

f0116159_6404427.jpg

f0116159_6431163.jpg

久地駅から2つ目の陸中野田駅までの乗車でした。
往復たったの600円ですが、乗車してせめてもの支援をしてまいります。

f0116159_6491417.jpg

陸中野田駅を降りて、少し歩けば。。。

f0116159_723641.jpg

それでも陸中野田駅では道の駅のだが、向かいのお魚センターでも営業されていました。
なので遠慮せず観光として三陸鉄道を利用して、こうしたお店で買い物をしてもいいかと思います。

f0116159_775237.jpg

この先、陸中野田~小本まで災害不通になっていますが、時間をかけてでも全線復旧して地元の生活を再開していただきたいです。
[PR]

by shinshin-blog | 2011-06-30 07:10 | 東日本大震災
2011年 03月 16日

Day3 物資不足と疎開

f0116159_2084335.jpg

横浜駅近くの繁華街にあるダイエー横浜店、亀裂が入り段差になっており閉鎖されていました。

f0116159_20123493.jpg

東急ハンズ横浜店にも多くの客が物資を買い求めておりました。
電力消費を抑える為にレジは1、2階の3ヶ所だけに限定されています。
エレベーターも停止しており、階段で欲しいものを探すのですが。

f0116159_20165881.jpg

災害で使用する道具は、おおよそ売り切れ。
ドン・キホーテ、ビックカメラでも必要とされる道具は、軒並み品切れになっています。

f0116159_20214864.jpg

コンビニでは食料も不足、パンもごはんも棚が空いています。

新横浜駅では、新幹線で西へ移動する人でごった返していました。
切符売り場でも待合室でも行列があり、指定券はかなり先の時間帯まで満席に。

子連れ、乳幼児連れの人々を多く見かけたのですが、帰省ラッシュとは違った光景を感じました。
物不足、環境悪化により、西へと疎開する光景に感じたのは、非常時の現状を痛感します。
[PR]

by shinshin-blog | 2011-03-16 20:28 | 東日本大震災
2011年 03月 16日

Day2 計画停電で電車が動かない

翌朝は横浜駅まで出勤しようとしましたが、当日の朝にJR線のほとんどが運転休止。
特に東海道線、京浜東北線、横浜線、横須賀線、湘南新宿ラインの全てが止まった横浜駅では、予告無しの運転中止に振り回されました。
f0116159_19113154.jpg

京急線・横浜駅ホームからJR線を見ても、誰一人もいません。

f0116159_19234969.jpg

東京方面に動いていた京浜急行にJR利用者の乗客も殺到しますが、捌ききれず長蛇の列。
長蛇の列は地下構内から数百m過ぎて、地上に伸びています。

f0116159_1929098.jpg

計画停電による電力消費を抑える為に自動販売機にも対策が。

原発が被災している現状では、個人が協力出来ることをするのがせめてもの心がけです。
[PR]

by shinshin-blog | 2011-03-16 19:58 | 東日本大震災
2011年 03月 12日

東北関東大震災を経験して

まず、今回の地震及び津波で被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。

15時頃、横浜駅付近の地下で地震と遭遇しました。
横揺れが長い間続き、船酔いの様なゆっくりと大きい揺れ方でした。

ビルから公園に避難、30分程待機してから横浜駅を目指して徒歩での移動。

駅からこちらに向かう尋常でない人波が押し寄せてくる光景。
ビルから何かが落下したのか、破片が路上に落ちている場所。
ビルから出てきた人々が外で呆然とする光景。
マクドナルド、コンビニでは、人々があふれる程の行列で食料品を買い込む列。
バス停では、ありえない行列。駅構内で座り込む人々。

JR横浜駅に到着し、改札にあるモニターではNHKテレビの中継を流しており、ありえない光景を食い入るように見つめる人々。
自分はここで、今の日本の状況を目視しました。
そして、改札からホームで抑止されていた列車に乗り込み、待機しておりました。

1時間程経過した17時半頃、乗っていた列車での車内アナウンス。
「JR東日本の全線で、本日の運転を全て取りやめる」
そこで自分が帰宅難民になった事実を認識して、横浜駅を出て自宅まで徒歩を決断。

横浜そごうのある海側の国道を通って、東京方面に向かう。

橋の上から川を覗いたら、水位の高さと逆流した流れに危機を実感。
国道は車であふれて、まったく流れない。
主要国道なのに歩道はかなり狭く、帰宅難民となった徒歩移動の人波が黙々と歩く光景。

日が暮れて、歩くほど寒さが募るが、夕方からの雨予報が外れてくれたことに感謝。

明かりかついている地域は、まだマシだった。
辛かったのが、あるエリア一帯が停電していた夜道を歩いて移動することでした。
歩道は車と分離していたのですが、暗がりで人がすれ違うのも怖い。
辺り一帯が真っ暗になる事は、都心で住んでいて経験しないことなので、その暗がりが怖い。

街灯に明かりがついているエリアにたどり着いた、ホッとした。

徒歩で2時間半、ようやく家についた。
本棚の一部が倒れたが、電気・ガス・水道は無事で、身内の無事も確認できました。

報道を見ていると気が滅入ってしまう。
夜が明けて、もっと辛い現実を味わうのかもしれない。
[PR]

by shinshin-blog | 2011-03-12 02:16 | 東日本大震災