カテゴリ:旅行( 108 )


2014年 04月 11日

ひとりサイコロの旅 Day1 13時間1300円深夜バスの旅

2014年3月31日 月曜日 午後7時30分 都庁前 新宿住友ビル

f0116159_10403934.jpg

高速バス1時間あたり100円のセールがあり、たまたま取れたのが東京→広島行きの深夜バス。
13時間かかるので1300円で済みました。

せっかくなので、この先広島からサイコロまかせのあてのない旅がはじまります。
で、1300円の席ってどんなものか気になりますね。

f0116159_1174779.jpg

4B通路側、トイレなしバス。まあそうでしょう、1300円ですもの。
で、この足元の箱はなんだい?

f0116159_1111652.jpg

座って納得。
前3列は3列シート、私から後ろは4列シート。
フットレストは前の席の下にあるのに私の目の前には席がない。
席もないので、荷物入れもなし。
前に席のない4B・4Cはハズレ席だったのである。

さらにトイレなしバスなので、13時間の間にサービスエリアでのトイレ休憩が5回も設定。
眠ることが許されない深夜バスなのであった。

新宿を出発し川崎で満員になり、ここからは広島まで海老名・静岡・御在所・三木・福山のサービスエリアで2時間おきに起こされるのでした。

f0116159_11245380.jpg

どうでしょうといえば甘いもの対決、これも仕込んでおきましょう。

f0116159_11263238.jpg

眠れない朝には牛乳で爽快に目を覚ませましょう。
おはようございます。

f0116159_11275528.jpg

4月1日 午前8時30分、広島駅近くのコンビニで下車。
13時間の壮絶な深夜バスが終了、だがここからがサイコロの旅のスタートがはじまります。
[PR]

by shinshin-blog | 2014-04-11 11:32 | 旅行
2014年 04月 08日

旅してました

f0116159_16245139.jpg

ご無沙汰しております。
東京に帰ってきたらちょっと満開を過ぎて葉桜に変化しつつありますね。

さて、久しぶりに1週間くらい旅をしてきました。
いい歳になっても、まだこんな無茶な旅ができた楽しさを実感しています。

落ち着いたら旅の続きを書こうかと思います。
[PR]

by shinshin-blog | 2014-04-08 16:39 | 旅行
2014年 03月 02日

1時間あたり100円の深夜バスの旅へ

f0116159_11224352.jpg

新たな旅を考えて検索していたら、たまたま面白い深夜バスがあったので購入してみました。

1時間あたりの乗車時間で100円のチャージが発生する夜行バス。
6時間くらいなら600円で済んでしまいます。

ただし、1バスあたり1席の超限定で座席指定もできない企画セールもの。

1300円払ってきましたよ。
ええ、13時間の深夜バスの旅が始まるのです。
[PR]

by shinshin-blog | 2014-03-02 11:28 | 旅行
2013年 07月 03日

東京→名古屋が500円なので

4月にメールが届きジェットスタージャパンのセールが、成田から中部へのフライトもあったので、チケットを確保してみました。

500円セールといってもそこはカラクリがあるワケで。、約時で往復の縛りや予約手数料やコンビニ決済システム利用料などが上乗せされて、実際は片道あたり1200円くらいかかりました。元の値段次第では成田からのハンデもあり、高速バスとは勝負にならないかもしれないですね。

f0116159_953829.jpg


ジェットスターは今回で二度目ですが、チェックインの場所が変わりキレイになりましたよ。
でもLCCなので天井の配管がむき出しなのが相変わらずですね。
前もってウェブチェックインをしておいたのですが、改めてカウンターへ出向くと非常口の足元ゆったりシートへアップグレードしてくれました。狭いノーマルシートなので、とてもありがたいです。

f0116159_859153.jpg

中部空港へのフライトですが、名古屋の表示が一般的なのですね。
搭乗口の場所が変わり多少快適になりました。それでもゲート付近にはショップがなく自販機とトイレだけですがそれでも十分空港らしくなりました。
いつものようにバスで移動、タラップで乗り込みます。

f0116159_915741.jpg

予定よりも15分早着でセントレア、しかもボーディングブリッジでそのまま空港へ。
でも一番遠い2番ゲートだから出口までかなりの距離を歩きましたが、予定していたの1本前の高速船に乗り込み今夜の宿へと移動します。
[PR]

by shinshin-blog | 2013-07-03 09:22 | 旅行
2013年 05月 04日

名古屋駅のJRと近鉄の乗り換え <改定版>

ICカード相互利用がスタートしましたね。

名古屋駅で新幹線から(JRから)と近鉄の乗り換えにもちょっとした変化ができましたよ。
名古屋へ出かけてきたついでにJRと近鉄乗換口の変化を見てきました。

f0116159_7182473.jpg

今までは近鉄に乗る時には乗換口で切符を買うか、あるいはPiTaPaかICOCAのICカードで
乗り換えるかしかできませんでした。

これからは使えなかった、SUICA、PASMO、などの相互利用ができるICカードも使えますよ。
でもこのポスターには下にちょこっとしか記載していないので、とても分かりにくいね。

f0116159_7284245.jpg

北海道から関東、名古屋はもちろん
f0116159_7302181.jpg

九州のカードでも使えるようになりました。

○きっぷとICカードで改札をくぐる時は→先にきっぷを投入してから、ICカードタッチで通過。
※逆にやると係員さんを呼び出して手続きをお願いする手間になります。

○JRも近鉄も2枚とも磁気きっぷなら、2枚重ねで通過。

○東海道新幹線と近鉄を乗り換えるとき

・EX-IC(TOICA機能つき)が一番簡単!1枚だけで新幹線乗換も近鉄でもスムーズな乗換。
※近鉄線でもEX-IC(TOICA機能つき)なら近鉄の駅でもそれをタッチでOK!

・通常のEX-ICカードは他のICカードを用意して乗換。
1.新幹線乗換口でEX-ICとSUICAなどのICカード2枚重ねで通過
2.近鉄での乗換口でSUICAなどのICカード1枚だけをタッチして通過します。


新幹線か近鉄への乗り換え
f0116159_885977.jpg

新幹線南乗換口(11号車あたりが階段に近いかな)から出て広小路口を目指します。

f0116159_8134641.jpg

広小路口を目指すと近鉄線への案内も

f0116159_815472.jpg

スターバックスが見えたら正面に近鉄線への階段を降ります。

f0116159_8201654.jpg

ここでICカードを使って近鉄に乗り込みましょう。

あとは特急を利用したいなら、近鉄特急チケットレス積立金カードとインターネット予約サービスを使うととても楽に移動できますね。
[PR]

by shinshin-blog | 2013-05-04 08:25 | 旅行
2012年 09月 13日

Jetstar 朝6時台のフライトに間に合わせる夜行バス「東京シャトル」

f0116159_23571111.jpg

Jetstarを予約して困るのが、成田空港6時台のフライトに間に合わせること。


ジェットスターの搭乗規則として、1時間前までに空港に着き、荷物を預けるなら出発45分前で締め切り、セキュリティーを通過してゲート前に出発30分前には済ませていることが条件になっています。
遅れてもあっさりと搭乗を断られます。その後のフライトが玉突きに遅延するのを防ぐためです。

成田空港の検問所が開くのは午前4時半くらい、最低でも朝5時前には成田空港に到着必須です。
今までなら成田のホテルで前泊、クルマで成田のパーキングに行って送迎、非公認ですが成田空港ビル内のロビーの長イスで一泊するしか方法がありませんでした。朝イチの鉄道では朝6時半に到着なので、LCC早朝便にはその選択ができません。

f0116159_23403735.jpg

その早朝便のLCC需要に合わせて、成田空港交通バスが東京駅を深夜1時半に出発し、成田空港4時半着を実現させた、日本一短い夜行バスを運行させました。

東京駅八重洲口から神田方向へ300mくらい歩くと大勢の人がバスを待ってます。
深夜1時半近くで終電も終わり、周辺のお店も閉まっているのでちょっとそこだけが賑やかです。

f0116159_23455450.jpg

開業記念で800円。事前に発車オーライネットで予約し、セブンイレブンでチケット支払いと発券を済ませておきました。まずはチケットを持っている人が乗車できますが、当日現金払いの人は一番最後まで待たされます。
チケットには10番と座席番号が指定されていましたが、そんな番号はなく自由席扱い。
2-2列でトイレ無しの観光バスタイプなので、連れがいるなら早めにバスの行列に並んだ方がよいかと思います。
イスにはドリンクホルダーとフック1つだけ、網掛けのポケットはないのでちょっと不便なり。

乗車手続きに時間がかかるので、東京駅1時半の予定出発時刻を相当過ぎてから出発。
でも早く行っても成田空港の検問所は閉まっているので、ゆっくりとバスは成田へ向かいます。

f0116159_23501189.jpg

午前2時半すぎに酒々井サービスエリアに到着、10分間だけトイレ休憩で開放されますが、戻ったらひたすらバスに軟禁。。。。

知らぬ間に成田空港検問所に着き、係員がバスへ乗り込み身分照明のチェックで起こされました。

f0116159_2352261.jpg

そして、成田空港第2ターミナル北に到着。

f0116159_23541819.jpg

そして、降りた目の前ではビルの外側でJetstarの手荷物預かり場所が併設されていました。
むき出しでトコトンお金をかけてないですよ。

正直、東京駅周辺で夜中1時半まで時間を潰せる場所はほぼ皆無で、眠れる時間も中途半端。詰め込みなので眠りづらい環境のバスでした。しかし、コレがないと早朝便のLCCを使えないので、そこは割り切っての利用でしょうか。
[PR]

by shinshin-blog | 2012-09-13 23:57 | 旅行
2012年 09月 10日

Jetstar 予約から搭乗までの苦労

f0116159_19581539.jpg

4月に予約したジェットスタージャパン、先日ようやく利用してきました。
ひと言で表すとしたら、まあなんとも面倒くさい会社でした。

4月のバーゲンセールのキャッチコピー「成田-沖縄 ¥2,900」

しかし、実際には往復での予約が必須。さらに座席指定をすると250円~850円追加チャージ、
料金の支払いにほぼ例外なく片道あたり200円のチャージ、荷物を預けると重さによって追加チャージを取られます。
恐ろしいのは、コールセンターや空港での新規予約には1800円の追加チャージがかかります。
しかもコールセンターに繋がるには、最低でも30分以上待たされます。(私は1時間少々待たされました。)

いったい定価はいくらになるのか?LCCとはいえ、どこまで料金を払わされるのか不安になりましたが、とりあえず片道だけ座席指定をしてコンビニ支払いを選択で完了。成田~那覇の往復は6,450円で済ませました。

コンビニ支払いも済ませて、出発2週間前にWebで予約状況を確認すると未払い400円の表示。
不当請求にもWebでの修正が不可能なので、コールセンターへ電話をかけました。
自動応答でしたが「オペレーターが応答するまでに30分以上かかります」との音声が流れるまま、じっと待つこと1時間オーバーでようやくコールセンターに繋がり、現状を予約画面を見つつ交渉し、やっと修正させてメールでも修正させたリストを送信してもらいました。

まあ、こちらで気づかなければ未払いで取り消しされる可能性もあったので、焦らされるしとても根気の要る作業を強いられましたよ。

f0116159_20231155.jpg

二日前にEメールで届いたのをクリックして、搭乗券を自宅でプリントすればこれでWebチェックインはOK。預ける荷物が無ければ当日の出発30分前にセキュリティーを通過して朝5時半までに出発ゲートの前にいれば搭乗できるですが。。。

成田空港に朝5時(出発1時間前)までに成田空港に行くには始発の電車では間に合わないハードルが待ってました。
その問題を解消するために格安の夜行バスが用意されていましたが、それは次項でご紹介します。
[PR]

by shinshin-blog | 2012-09-10 20:23 | 旅行
2012年 08月 25日

ジェットスター こんな話

知らないうちに追加請求されていたので、健忘記として書いておきます。

4月にバーゲンでジェットスターの成田~那覇便を予約しコンビニで決済を済ませておきました。

webチェックインとかあるので、予約履歴を調べていたら未払い請求400円をチャージされているのに気付く。

webで調べても追加請求される理由もないので、ジェットスターのコールセンターへ電話をかけるも自動音声で30分以上待たせる場合があるとの絶望的な対応。

一時間待ってからようやくオペレーターに繋がり事情を説明、追加請求はジェットスターのミスと認めて修正していただけました。

なんだか旅行前からくたびれちゃいますよ。
[PR]

by shinshin-blog | 2012-08-25 10:04 | 旅行
2012年 04月 29日

三春滝桜に行ってきました

f0116159_11471258.jpg

昨日、福島県三春町へ滝桜を見に出かけてきました。

f0116159_11594432.jpg

まずは金曜日のライトアップに出かけていったのですが、生憎の雨。
JR三春駅から臨時シャトルバスを使って、滝桜へアクセスします。

結構な雨でしたが、それでも人が多く来園されていましたよ。

f0116159_1231160.jpg

ライトアップしているとしだれ桜が降りそそぐ感じで、とても素晴らしいです。

f0116159_129435.jpg

暗くて申し訳ないのですが、雨宿りしていたら滝桜のほこらを住み家にしているネコも雨宿りに小屋のベンチで一休み。
観光客のそばでべったりとしていて、とても人懐っこい猫でしたよ。

f0116159_12194832.jpg

ライトアップ中は屋台も延長してます。
この日は雨だったので、翌日に楽しみましたよ。

f0116159_12235174.jpg

翌朝、レンタカーで再び滝桜へ出かけました。

GW期間中は相当な混雑が予想されていて、三春町の広報でも駐車場までの渋滞が高速出口から延々と続き、たどり着くまでに4時間以上かかると聞いてました。そこで早めに動いて対応です。
ホテルを8時に出て、レンタカーで郡山駅東口から県道297号でハーブガーデンを通過して、シャトルバスのある駐車場の三春町運動公園グラウンドへ駐車しました。高速のICがある北側を避けて行くと30分前後で駐車場までアクセスできましたよ。
渋滞を避けるなら高速を使わないのと朝早くお越しになるのがいいですね。

f0116159_12442084.jpg

晴天の滝桜には多くの観光客が来ていました。

f0116159_12473270.jpg

夜の滝桜は引き込まれる雰囲気、そして青空の桜は壮大で開放的な雰囲気。
どちらも素晴らしいので、どっちの花見を楽しんでくださいね。

・滝桜のアクセス
JR郡山駅から2つ目の三春駅でシャトルバスまたはタクシー。
車なら磐越道船引三春ICから指定される臨時駐車場へ。


[PR]

by shinshin-blog | 2012-04-29 12:55 | 旅行
2012年 02月 27日

もっと東北へ はやぶさ号グランクラスに乗車してみた

f0116159_984166.jpg

今回は八戸と石巻への旅、この新幹線で北へ向かいます。

f0116159_99986.jpg

手前が乗車するはやぶさ号、奥が通常のはやて号、ノーズの長さの違いがよく表れていますね。
日本の新幹線の最高速時速とグリーン車を越えるサービスのグランクラスのはやぶさ号に乗車します。

f0116159_913824.jpg

新青森寄りの先頭車両のみ一人用と二人用の席が6列、たった18人しか乗車できないグランクラス。荷物棚は飛行機のそれと同じふた付のハットラックになっています。
一人用の座席は満席でしたので、二人用の席を利用しましたが隣は空席でした。

f0116159_928449.jpg

荒川を越えたあたりから富士山がキレイに見えてきました。

f0116159_9293810.jpg

アテンダントさんからウェルカムドリンクと軽食のサービスが用意されます。
まずは、黒烏龍茶と和食をお願いしました。新青森行きでは青森をイメージした内容の献立になっており、うに・かにごはんやリンゴのデザートなど工夫がされておりました。
ドリンクは乗車中は何回でもサービスしてくださいます。

f0116159_939299.jpg

テーブルは肘掛の横から開けて引き出す感じで、かなりゆとりのある大きさに。。。

f0116159_9402560.jpg

ハーブティーをお願いしましたら、ポットごと用意してくださいました。

f0116159_94514100.jpg

電動シェルシートなので後ろを気にせず倒せますし、二人用の席では倒すとパーテーションで遮られるので、ゆっくりと休めます。(さすがにフルフラットにはなりませんが、かなり快適です。)
アイマスクとブランケットをお借りしてしばしの休みを。。。

f0116159_9512018.jpg

盛岡まではあっという間、八戸には止まらないので後続のはやて号に乗り換えを。

f0116159_9524650.jpg

デッキにでるとドアにはこんな但し書きが。
グランクラスはここからギャレーを通過して、もう1枚のドアを抜けないと入れないように利用者意外の見学や通過を寄せ付けない構造になってます。

アテンダントさんに見送られて盛岡駅のホームへ、グランクラスの価値はかなりアリですね。自分へのご褒美にいいですよ。
[PR]

by shinshin-blog | 2012-02-27 09:57 | 旅行