しんしん ”やってみよう!”

goshinshin.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 29日

新松田 アクセスルート

小田急でアクセスできる新松田駅
JR御殿場線でアクセスできる松田駅
1万人設定は全アクセスポイントでもっとも多い人数を見込んでの駅です。

f0116159_1410290.jpg

駅からのアクセスを検証してみましょう。

小田急の新松田駅の目の前には、JR御殿場線の松田駅の入口が向かい合ってます。

駅の脇には横浜銀行の支店がありますので、お金はこちらがいいでしょう。
(この先、道なりのATMはセブンイレブンと郵便局の2箇所だけ)

銀行脇の商店街をどんどこ進みます。
商店街の途中にセブンイレブンがありますが、目ぼしい食料などはここしか
なさそうでした。ですから飲み物や食べ物はここで調達しないと、FSWまで
ほぼ何もありません。

f0116159_14151563.jpg

商店街を抜けると信号があり、ここが左折ポイントです。
信号脇の街灯に「 ← 足柄上合同庁舎 」のサインがあるので見逃さないように。
それから、信号は渡らずに左折しましょう。

それはこの先、川越えの橋はシャトルバス乗り場へ向かって左側しか歩道がありません。
抜け道として車の往来もそこそこありましたので、歩道を利用しましょう。

橋の直前に郵便局があり、ATMも使えます。
(もちろん郵便局のカードじゃなくても銀行系のカードの引き出しOKですよ)

f0116159_14254375.jpg

橋を渡っていると自動車学校の奥に乗り場の合同庁舎が見えるのでもう少しです。

足柄上合同庁舎につきましたが、駅から徒歩で実測20分程度でした。

f0116159_1427425.jpg

合同庁舎前の信号に駅までの距離が1220mの看板がありました。

同行者と話しながらですとそんなに苦にはならないのですが、途中に使えそうな店が
ほぼ無い状況なので、ここで食事や時間をつぶすのは難しく思います。
[PR]

by shinshin-blog | 2007-03-29 16:05 | F1 富士アクセス
2007年 03月 29日

大雄山 アクセスルート

f0116159_14375196.jpg

大雄山駅利用のメリットは
JRの小田原駅乗り換えなので新幹線も使えるし、東海道線は本数も多く小田原発着も
多いので座れる率が高めです。

PASMOやSUICAのICカード利用が最終の大雄山駅まで利用できるので、チャージさえ
しておけばきっぷを並ばずに乗車ができます。

f0116159_1446465.jpg

大雄山線はJRや小田急線から直接乗換えが出来ないので、一度改札を出て東口方向へ
(大雄山口)向かいます。
f0116159_14485662.jpg

大雄山線の改札はJRや小田急の改札と比べて低い位置にあるので、(イメージとしては
JRと小田急は改札が3階、大雄山線の改札が2階、JR・小田急・大雄山線のホームは
同じ高さの2階にある感覚です。)
なので、階段を下りて改札へ向かいます。
(奥にエレベータがあるので、車椅子などのバリアフリー対策は施されています)

注意したいのは、自動改札は「パスネット」(プリペイドカード)が使えません。
PASMOやSUICAは利用可能ですので、こちらの利用が便利ですよ。

列車は3両で単線。時間はある程度決まっているので増発は難しいと思います。
5千人の設定になっていますが、どう捌くかがカギでしょう。

f0116159_14504384.jpg

そんなにかからずに大雄山駅に到着します。
駅の脇には信金のCD機、駅前には横浜銀行やスーパーなどがあります。

f0116159_14523773.jpg

シャトルバス乗り場へ向かう為にUターンする感じで進みますが、駅裏には
飲食店がずらっと並んでいるので、他のアクセスポイントに比べても利用価値が
ありそうです。

f0116159_14541681.jpg

シャトルバス乗り場の手前はサークルK、バス乗り場をはさんで奥はセブンイレブン
があるので、乗車前に買出しが可能です。また、ATMもあり便利ですね。

f0116159_14553953.jpg

ただ、乗車からFSWまでは足柄峠越え。
長時間の乗車+乗り心地はキビシイかもしれませんね。
ただ、私的には一番のお勧め駅ですね。
[PR]

by shinshin-blog | 2007-03-29 15:36 | F1 富士アクセス
2007年 03月 27日

能登半島地震

まず、今回の地震で被害にあわれた皆さんにはお見舞い申し上げます。

当日の瞬間、私は新潟への移動中で堀之内付近でJRで列車が止まりました。
(地震の瞬間は列車運転中だったので気がつきませんでした。)
その後1時間遅れで長岡へ到着。
長岡駅でも新幹線が止まってましたし、各地への在来線も列車が止まって
いたので、駅は大勢の方で足止めになってましたが、その後はなんとか予定
を遂行しました。
なかなかテレビを見れる環境になかったのでこんな事になっていたとは
思いもつきませんでした。
その後、長岡から燕、巻、新潟へ移動して、日帰りで戻りました。
[PR]

by shinshin-blog | 2007-03-27 14:44 | その他
2007年 03月 21日

今年の日本GPポスター

先日、修善寺と大雄山へ行ってきましたが、富士スピートウェイのF1ポスターが
張られていました。
大雄山駅でチラシをもらってきましたが、車の背景はフジヤマ、鶴、蝶と花びらでした。
日本のイメージってこんな感じなのでしょうか?

f0116159_1620104.jpg

このイメージポスターって、今年の場内で売るパンフレットの表紙になるのかな?
[PR]

by shinshin-blog | 2007-03-21 16:21 | F1
2007年 03月 13日

那須塩原(栃木) 「釜彦」と「こばや」 スープ焼そば

スープと焼そばをどうしたら一緒に食べさせるのだろうと思ってました。
でも、場所的に中途半端に遠くてわざわざ行かなくてもとそのままに
していましたが、今日がその日となりました。

朝、土砂降りだった天気もJRで西那須野駅、そこからバスで30分ほど
揺られつつ。。。いい天気になったのですが風が強く寒い寒い。

最初に「釜彦」へ入る前に、手前にある福渡温泉にある「岩の湯」と
「不動の湯」へ入ります。

f0116159_1422093.jpg

川から丸見えの環境ですが、道路から一本隔てているのでそれほど
恥ずかしさはないです。(下呂温泉の河原の湯に比べたら全然楽ですわ)

風呂の位置によってはかなり深くなっている場所もあり、またヌルヌルすべり
やすいので入る時は慎重に。
ちょうどいい湯加減(熱すぎず長く入るにはこれくらいがいい)なのですが、
雨がやんでも風が相当ひどいので出るのも難儀です。

f0116159_14222382.jpg

ささ、早速「釜彦」へ入りましょう。
「スープ入焼そば」の看板が不安と意欲をそそいでくれます。

メニューは簡素で、スープ入焼そば、ソースかつ丼、チャ-ハンがメインです。
スープ入焼そばとソースかつ丼を頼んでみます。

f0116159_844742.jpg

まずはスープを飲んでみます。ソースの味はかすかに感じますが、どちらかと
言えばスープのダシそのものが判りやすくとても飲みやすいです。
麺は焼そばで使うような蒸し麺というよりも通常の中華麺ぽい感じがするのです。
簡単に言ってしまえば、中華そばに少しソースでスープ割りをした感じです。
ですが、これが食べやすく飽きないのでしょう。
お店の方も親切で、私が会計後に出ようとすると調理中だったにもかかわらず
店主の方が調理場から出てくださりご挨拶していただきました。
このお店はまた行きたくなるかもしれませんね。

さて、温泉街中心部まで飛ばされそうになりそうなりつつも次のお店へ。

f0116159_8626100.jpg

「こばや食堂」は閑散とした温泉街なのに店舗は次から次へとお客が入ります。

スープ焼そば(大)を注文。

f0116159_88368.jpg

出てきてまずは麺を食べます。
しっとりしっかりソース焼そばそのものです。麺もスープに浸かっているけれど
焼そばらしい蒸し麺の感覚。何よりもソースの味がしっかり溶け込んだスープは
お店を出てからもしっかりと後味に残るほど。
こちらのお店には経験として一度入れば良いかなと感じました。

人柄と味わいやすいスープ焼そばの「釜彦」。
インパクトとソース焼そばらしさを楽しむ「こばや食堂」。
あなたはどちらですか?
[PR]

by shinshin-blog | 2007-03-13 15:53 | おいしいもの
2007年 03月 05日

三島 アクセスルート

三島駅は新幹線利用できる駅の1つで遠距離からのアクセスで利用価値があり、
また東海道線も利用できるので、東京・名古屋・静岡周辺などの利用が考えられます。
さっそく使い勝手を検証してみましょう。

f0116159_1441385.jpg

新幹線はこだま号だけじゃなく、ひかり号も2時間に1本止まります。
在来線も接続し、駅の利用度は高いですよ。

f0116159_144427.jpg

北口を出て左側にシャトルバス予定地のスペースがありますが、現在は日本大学
の管理地になっています。

f0116159_14105547.jpg

ATMはシャトルバス利用の北口にスルガ銀行のATM機があり、土日も利用可能です。
(提携銀行の利用時間はそれぞれ異なります)

北口周辺はお店がありません。
反対の南口の方がお店も充実していますので、そちらの利用をお勧めしますが、
北口と南口を結ぶ通路はないので、大回りして行くことになります。

f0116159_14111589.jpg

南口には、食事を出来るお店も多いですし、駅を背にして右へ3分くらい歩くと
格安チケットが24時間自販機で買える場所があります。
(東京・新横浜などの新幹線の格安チケットや在来線のチケットもあり便利です。)
[PR]

by shinshin-blog | 2007-03-05 00:10 | F1 富士アクセス
2007年 03月 04日

新富士 アクセスルート


f0116159_1151867.jpg


新富士駅は新幹線が使える2つの駅の1つで、東京や名古屋方面などからの
需要がある駅と予想されます。駅の使い勝手を見てみましょう。

f0116159_1182425.jpg

こだま号しか止まらず、30分に1本と列車本数は多くはありません。

f0116159_11253039.jpg

改札を出て右手の北口を目指します。

f0116159_11275735.jpg

目の前のロータリーはタクシーやバスの発着場になっていますが、
周辺にめぼしいお店はありません。コンビニすら駅から見える範囲には
ありませんでした。買い物は駅構内のKIOSKに限られます。
食事も駅構内にありますが、営業時間が早めに終了されるので使い勝手
が悪いかもしれません。駅裏にまわるとおそば屋さん「来富庵(らいふあん)」
がラストオーダー20時半までなので使えそうです。

f0116159_11304614.jpg

シャトルバス乗り場はロータリー左側の交番前からの利用となりそうです。

f0116159_11341226.jpg

駅としてはコインロッカーが改札左に200円から400円まで40台あります。

f0116159_11342573.jpg

銀行ATMは駅構内にはありません。ロータリーの左奥にスルガ銀行があり
土日祝日も使えます。(提携銀行カードは時間が異なります)

総評は、コンビニや食事が出来る場所がないので駅は通過するだけで利用価値は
ほぼないと考えたほうがいいです。
食事などは移動した先で利用するのがいいかもしれません。
[PR]

by shinshin-blog | 2007-03-04 10:37 | F1 富士アクセス
2007年 03月 03日

名古屋・今池 「味仙」 酢豚

新幹線で東京に戻る前にまだ名古屋めしを堪能します。

f0116159_10371029.jpg

地下鉄今池駅近くにある台湾料理「味仙(みせん)」

味仙といえば「台湾ラーメン」が名物なのですが、今回はパスして
ひめ筍の炒め物と酢豚を注文してみます。

f0116159_10373932.jpg

筍の食感がいいですね。唐辛子が入って辛めですがおいしいです。

f0116159_10444544.jpg

続いて酢豚。量は少ないのですが、いわゆる餡でからめた酢豚とはまったく違うもの。
すっぱくてニンニクがこれでもかっとばかりに効いてます。
これ大好きなのですが、これを食べると人に会えなくなるほどです。

手羽先をテイクアウトして名古屋駅に向かいます。

f0116159_10454413.jpg

名古屋駅前のミッドランドスクエア。
1階の路面店はブランドショップが並んで壮観です。
今までの名古屋にない光景が広がっています。

f0116159_10455949.jpg

ここのエレベーターは日本発2層構造になっていて、一基のエレベーターで
1階と地下1階の利用者が同時に乗れる構造になっています。

この後、21時ののぞみで帰りました。
[PR]

by shinshin-blog | 2007-03-03 00:10 | おいしいもの
2007年 03月 02日

名古屋・東片端 「天津楼」 ラーメン+中華飯

国立名古屋病院へ立ち寄り後、まだ時間が合ったのでホテルから遠くない場所で
食事をとりました。

f0116159_9464335.jpg

このあたりは子供の頃から遊んでいた場所ですが、今は頭上に高速が通る様に
なって風景は変わってしまいました。

f0116159_947593.jpg

でも、この中華料理の天津楼さんと洋菓子屋のボンボンさんは昔とほとんど
変わらない昭和の雰囲気を残しています。
(少なくとも昭和40年代から店構えは変わっていないと思いますよ)

店内に入ってもほとんど変わらないのに感心しました。
さっそくラーメンと中華飯を注文。

f0116159_9515582.jpg

中華飯はしっかりとした濃い目の味付けは当時と同じでした。

f0116159_952860.jpg

ラーメンは前はもっと濃い味付けの様な気がしましたが、味わいはしっかり
以前からのダシが感じられます。

ここはずっと変わらないでいてほしいですね。
ご馳走様でした。
[PR]

by shinshin-blog | 2007-03-02 10:07 | おいしいもの