しんしん ”やってみよう!”

goshinshin.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2007年 11月 25日

そろそろ書こうか、F1日本GP 富士でのイヤな思い出    チケット販売方法

今回、富士でのチケット販売は今までの鈴鹿のそれとは異なっておりました。

今まで鈴鹿サーキットでのチケット販売は往復はがきの抽選もありましたが、
鈴鹿サーキット自社販売の他にチケットぴあ系のオンラインチケット、フジテレビでの
サイト販売、東海地区のコンビニなどでの観戦券販売、そして各種ツアー。
ツアーも鈴鹿サーキット系列会社主催だけでなく、一般的な旅行会社など多数あり、
いろんな意味でチケット確保の選択肢がありました。

今回の富士での開催で、主催者の富士スピードウェイ株式会社(以下 FSW)は、
チケットの販売方法について大きな2項目を提示してきました。

1.チケットは、ツアー利用(公式には4会社のみ)とFSWがJTBに丸投げした
  公式サイトでの販売。
2.最寄り駅又は駐車場からシャトルバス方式のパークアンドライドのみ。
  徒歩や自転車でのFSWへのアクセス禁止。

まず、チケット販売方法にまず問題があった。見たい席が確保できないのだ。

去年まではある意味手配の仕方によっては、ちゃんと希望の席を確保する事が出来た。
が、今回のチケットの配分方法は公式ツアーを利用する者にチケット配分が多く回され
個人利用客の配分が少なく、シャトルバス利用の乗り場を指定しないと席が連番で
確保出来ない。つまり友人などと隣同士で観戦したくても、鉄道の駅が違っていたり
駐車場利用で違う場所だったりするとその時点で連番は無理となる方式を提示した。
(例として、大阪の友人と一緒に見たくても友人がシャトルバスを三島駅、私が三島駅
以外の場所(駐車場や御殿場駅等)を選択するとその時点で隣同士で見る事は無理。)

また、シャトルバスの組み合わせによって指定席あたりの割り当て枚数が決まって
しまい、よって極端に枚数が少なくなり抽選に落選するケースが増える事となる。
この割り当て方法にも問題があり、一次販売での組み合わせで落選したケースが
2次販売では購入可能のケースが実際にあった。
(例えば、シャトルバスを御殿場駅+C指定席の組み合わせで一次販売で申し込み
落選したが、2次販売ではその組み合わせでの購入が出来る事があった。)

この方法、明らかに機械的な販売管理をしたいだけ。
観客の都合はまったく配慮されていない。
私達は決められた数を決まったタイミングで入れる、トヨタの「カンバン方式」そのもの。

またツアーでの割り当て枚数にも大いに不満あり!
実際欲しい席だったD席は公式サイトではかなりの人気で、公式サイトでは一次販売
でほぼ売り切れだったが、ツアーではレース直前まで余っていた。
指定席の中には指定席料金+1000円でツアーに参加できる投げ売り在庫処分な
販売をしたツアー会社もあった。

FSWのアクセスにも問題がある。
周辺地域の渋滞緩和や違法駐車の問題解消の為、サーキット周辺への乗り入れ規制
をして、ツアーバスとシャトルバスのみを提示した。
これはある程度理解しています。F1の時期ではない頃、御殿場駅から自転車でFSW
へ出かけた事がありました。その後FSWからJR駿河小山駅まで自転車で移動し道路
状況、周辺環境などを確認したりしており、また、富士霊園からバスを降りてFSWへ
徒歩で何度もアクセスし周辺環境を確認いたしましたが、狭い道が多くサーキットの
西ゲートと東ゲート周辺には民家もあり、一般車を解放すると周辺に迷惑がかかるのは
明らかですね。
だからこそ、そういった規制をするのであればしっかりバスの運行管理をするのが当然。
しかし、予選と決勝にあったバス渋滞。国道246号の小山工業団地への分岐点から
FSWへ延々とバスが連なる大渋滞。この分岐点も大型バスが行き来するのは狭く、
御殿場方面、新松田方面、バイク駐車場方面の3方向から1つのFSWへつながる
道が大渋滞になる事は簡単で予測が出来ないはずが無い。
FSWの敷地内でのバスの行き来も1つの道路には一方通行にして、空バスの待機場所
も別に作り滞留しない事が前提。
あまりにもお粗末極まりない。

パークアンドライドはJTBが愛知万博で実証しているとのご意見も一部であるが、
今回のFSWと決定的に違うのは万博のゲート正面に鉄道駅(リニアモーターカー)
があった。また、この駅が混雑していても鉄道駅(愛知環状鉄道)が20分も歩けば
あり、パークアンドライドももちろんあるが万博の為に高速道路ICを会場近くに作った。
万博はレースと違い長時間に開園されておりF1の様にレース後に帰りの客で一気に
ピークがくる事は無い。
だから万博とFSWのパークアンドライドを比較する事は出来ない。

※FSW場内でのバス待ちについては別途報告。
[PR]

by shinshin-blog | 2007-11-25 10:46 | 2007 F1日本GP 富士
2007年 11月 24日

そろそろ書こうか、F1日本GP 富士でのイヤな思い出     叙述


あと悲惨だった富士でのF1日本グランプリから2ヶ月が経ちました。

あの時の状況をマスコミで取り上げていたのは、けんさわさんのブログや一部F1
関連雑誌、週刊プレイボーイなど。いづれもターゲットがF1愛好者の為にある媒体で、
週刊プレイボーイやSPA!などはターゲットは30代男性なのでF1のメインターゲット
に当てはまる為に記事になったと推測されます。
一方まったく今回の富士での不手際には触れないマスコミもありました。

私自身もブログで報告の通り、現地に3日間出かけVIP待遇でもないのでシャトルバス
で自宅から通ってFSWへ出かけました。嫌な思い出が多く、思い出すといい気はしない
のですが、あれから月日が経ちキモチも落ち着きました。
まったくしがらみも無い立場なので、風化する前にそろそろ今回の富士開催について
自分の不満をチケット発売方法からレース終了その後まで書き連ねたい。
尚、記事が重複する事もあるがご了解を。


以下 加筆予定
[PR]

by shinshin-blog | 2007-11-24 10:44 | 2007 F1日本GP 富士
2007年 11月 19日

築地市場(場内) 「高はし」 カキどうふ

11月を過ぎて寒くなってから混みだす築地市場ですが、寒くなると食べたくなるのが
あんこうですね。

f0116159_19464939.jpg

あんこう煮で有名な「高はし」さんでは今年のあんこうは11月下旬以降での提供です。
それじゃあ何があるかな?って店内の品札をみる事に。。。
(ここは、入口に今日のオススメやメニューの一部が掲示してありますが、売り切れて
しまうと入口のメニューが無い場合があります。そこで今提供できるメニューは店内
カウンター前に掲示しているメニューに限ります。)

カキどうふがあるし、ウニ刺しもあるんだぁ。ってことでそれとあなごのやわらか煮
を足して、ご飯と頂く事にしました。
f0116159_2051126.jpg

カキどうふはカキの旨みとまいたけの味わいが味噌仕立てでよく風味がでてます。
これが出てくると冬場だなって感じますね。
[PR]

by shinshin-blog | 2007-11-19 19:52 | おいしいもの
2007年 11月 07日

松阪 「和田金」 すき焼き

松阪で、和田金で、すき焼を食べる!!
今回の旅行はこれがメインでした。(キッパリ!!)

f0116159_619371.jpg

それほど、”松坂牛 = 和田金” はちょっとしたブランドになってます。

鳥羽から近鉄特急に飛び乗り、車内から予約をしてみました。
平日の夕方でしたが、18時から満席なので17時から1時間で予約をお願い
していざ松坂へ向かいます。

f0116159_6292151.jpg

松坂には「一升びん」(ここの平生町店は風情がある店舗で好きですよ。
みそダレで焼いて食べるこの地域独特の食べ方がありますね。)だったり、
「牛銀本店」、「ステーキハウス三松」などのいくつかのメジャーな店舗が
あります。

f0116159_635216.jpg

歩いて10分ほどで和田金に到着しました。料亭ビルっぽい建物になっていて、
精肉の販売の入口と食事利用の入口の2ヶ所あります。
(写真の右側入口はお肉屋さんで、食事は左奥の入口から入ります。)

f0116159_6374566.jpg

名前を告げて、仲居さんに案内されたのは3階の個室でした。
8畳ほどのこじんまりした部屋ですが、落ち着きますね。
仲居さんのご挨拶の後でメニューを拝見。
すき焼き、あみ焼、しゃぶしゃぶ、ステーキなどなどありましたが、ここはすき焼きを。

f0116159_655141.jpg

炭をおこしたものを丁寧に並べ、鍋を置き、1人2枚のお肉を焼いていきます。
まず、お肉1枚だけを焼き、砂糖をかけ、しょうゆらしきものをかける関西スタイルの
調理法です。そして自分で溶いた卵の器に仲居さんが焼いたお肉を入れてくれます。
その後、野菜を入れ肉を焼いて自分の器に供してくださいます。
f0116159_6564038.jpg

そう、焼くのも鍋から自分の器へ運ぶのもすべて仲居さんがやって下さいます。
本当に私達はただただ食べるだけ。。。。
その後仲居さんと話しつつ料理を頂いたのですが、お店が忙しくなる時期は
年末年始、お盆、そしてF1の時期は混雑するようですね。
(F1の頃は関係者の方がよくお見えになるそうです。)

たった1時間でしたが、せかされることもなくゆっくり堪能いたしました。
お値段も2人で2万円を少しオーバーしたくらい。(お酒は飲んでいません)
カミさんも満足してくれ、連れて行った甲斐がありますね。

その後は、近鉄特急と新幹線を乗り継いで品川まで帰ってきました。
[PR]

by shinshin-blog | 2007-11-07 06:29 | おいしいもの
2007年 11月 05日

伊勢 「すし久」 手こねすし

伊勢神宮の外宮(げくう)と内宮(ないくう)に参拝した後は、ツアーのクーポンを
使ってお昼ごはんへ向かいます。
内宮からのびる、おはらい町はおみやげ物屋さんや食堂が昔の門前町を再現
して雰囲気があり、歩いてとても楽しい気分になります。

f0116159_23344471.jpg

おはらい町を抜け、おかげ横丁に入ると目指す「すし久」がありました。
ここは郷土料理の手こねすしを食べさせるお店です。

広い土間を抜けて吹き抜けになっている大広間で食事をします。

f0116159_23391684.jpg

手こねすしは1000円からでも食べられますが、クーポンは2000円相当の食事
が食べられるので、刺身や小鉢がいろいろ付いた豪華版になってますね。
かつおの刺身のづけが乗っかっていてと酢飯にもひと手間かけたものになってます。

f0116159_23441144.jpg

近くに赤福本店がありますが、張り紙が貼られていて営業無期限禁止の影響で
閉まってました。

この後、鳥羽へ行った後で松坂に向かい今日のメインを楽しみに行きます
[PR]

by shinshin-blog | 2007-11-05 23:45 | おいしいもの
2007年 11月 03日

お伊勢さんへ行こう! 日帰りで行く伊勢

赤福に始まって、この頃何かと話題のお伊勢さんです。
お伊勢さんは何度か行った事がありましたけど、日帰りで行ってみました。
f0116159_9383618.jpg


で、利用したのはJR東海ツアーズの日帰りパックプランの「1dayプラン」。
利用した「日帰り1dayお伊勢さん」は、品川朝6時発のぞみ99号限定で乗り遅れすると
後続の新幹線は使えず自腹になるリスクがあるものの、往復の新幹線+近鉄特急往復
+おはらい横丁の食事+伊勢周辺と鳥羽へ行けるバス1日乗車券付きで19800円。
東京・名古屋の新幹線往復よりも安い料金で利用できます。

f0116159_945489.jpg

このようにしっかり乗り遅れに対してのスタンプが押印されていますね。

f0116159_103840.jpg

車内はそれまでのものよりも明るくなっていますが、デッキがかなりかわってます。
ドアの頭上には監視カメラがあったり、快適で広いユニバーサルトイレなど、使い
勝手がよくなってますね。

f0116159_108337.jpg

で、とりあえず駅弁を食べてますが、この「貝づくし」はまぐり、あさり、しじみ、貝柱
が入っており、なかなか質のいい駅弁になってます。東京・品川の東海道新幹線
構内の売店しか売っていない貴重な駅弁です。

あっという間の7時半には名古屋に着いてしまいました。
この後、名古屋駅の地下にあるコメダ珈琲でモーニングを食べてから近鉄で伊勢
に向かいます。
[PR]

by shinshin-blog | 2007-11-03 09:39 | 旅行
2007年 11月 01日

祝! 中日ドラゴンズ 日本一!!

日本シリーズが終わりました。
終わってみれば、4勝1敗で、53年ぶりの日本一。

落合監督じゃないけど、シリーズが終わるまで勝ち続けても静かに
寝ているファイターズを起こさないように、感情を抑えていました。
覚えがあるうちでは、初めての日本シリーズだったのはナゴヤ球場時代の
西武ライオンズで、清原に場外の新幹線の線路まで打球が見えないくらいの
ホームランを打たれた記憶が強烈に残ってます。
それからホークス、マリーンズ、ファイターズと日本シリーズに出ては
敗れる事が続いていたので、今年の日本シリーズも喜ばず、溺れず、ただ黙して
見守っていました。

落合監督、選手、スタッフ、その先々で支えてくれた皆さん。
日本一ありがとう。
[PR]

by shinshin-blog | 2007-11-01 23:33 | スポーツ