しんしん ”やってみよう!”

goshinshin.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 30日

P34(御殿場駅)シャトルバス乗り場・富士霊園

今回、シャトルバス乗り場でFSW場外に設定された御殿場駅行きのP34・富士霊園。
富士霊園と西ゲートまでのアクセスはどうか?

f0116159_15493350.jpg

富士霊園の入口です。右折でFSW西ゲートへ向かいます。

f0116159_1612357.jpg

霊園のゲートの左右がバス乗り場になっているようですが、待機場所としては狭いよね。

f0116159_1692025.jpg

逆に富士霊園の坂を上がって行列するようだと結構キツイよ。

f0116159_16162295.jpg

富士霊園前を右折するとこんな感じ。歩道はありません。

f0116159_16184423.jpg

WAKO’Sの看板が見えたら西ゲートはもうすぐ。

f0116159_16203371.jpg

西ゲートに到着です。
たいした起伏もありませんが、歩道がないのでどうやって導線をコントロールするのかな?
[PR]

by shinshin-blog | 2008-09-30 16:21 | 2008 F1日本GP 富士
2008年 09月 29日

C2仮設席はどうなった?

去年、ストレートエンドのレコードラインが座席から見えなかったC2席。
今年のデキはどんな具合になっているかを見てきました。

C2は工事中で入れませんでしたので、できる範囲で確認してみましょう。

f0116159_1513197.jpg

今年のC1/C2席は遠目から見るとこんな感じです。
C2の仮設席は上段と下段に分かれています。

f0116159_1555269.jpg

横からの傾斜はこんな感じですね。

f0116159_1581032.jpg

C2スタンドの裏側ですが、階段を上がるのは上段用で地面と同じ高さから入れるのは
下段用の入口です。

f0116159_15112743.jpg

こんな感じで仮設席へのアプローチが違います。
よく見ると上段と下段を分ける柵があるのが判りますか?

去年のC2席と今年のC2席、どう配慮しているかを比べると。。。

f0116159_15173136.jpg

これは去年のC2スタンドの土台。
仮設スタンドの高さが足りないから手前が見えないものね。

f0116159_15212632.jpg

今年のC2スタンドの土台の高さ。3mくらいありそうです。
C2スタンドは入ることができなかったので、実際どうかは当日にならないと判らないですね。
[PR]

by shinshin-blog | 2008-09-29 15:37 | 2008 F1日本GP 富士
2008年 09月 28日

今夜のお風呂はどっち??

シャトルバスのアクセスになっている小山町では、F1利用者の為に町営温泉への
無料シャトルバスを企画してくださってます。

「小山町民 あしがら温泉」と「ふじみセンター」の2つの温泉を利用してみました。

f0116159_7182674.jpg

あしがら温泉の入口はこんな感じ。キレイですね。
入口で靴をロッカーにいれて(100円必要だが、カギを開けるとお金が戻ってきます。)

f0116159_722421.jpg

自販機(大人500円で3時間まで)でチケット買ったら、靴のカギとチケットをフロントへ。
チケットは出るとき必要なのでなくさないように。

お湯は茶褐色で15人程度は入れそう。
洗い場は10台あって、リンスインシャンプーとボディーソープは備え付けがあります。

f0116159_7271187.jpg

男湯の湯船や温泉入口からFSWが遠いですが肉眼で確認できます。
(グラスタ、C席、パドッククラブ用の仮設スタンドは見えました。)

f0116159_7303360.jpg

大広間は50人くらいが休めそう。
大型液晶テレビもありますので、牛乳でも飲みながらゆっくりできますね。

なお、JR足柄駅からだと急な山道を登ることになるので、徒歩ではお勧めしません。


もう1つ、ふじみセンターのお風呂を確認。

f0116159_7365950.jpg

JR駿河小山駅とシャトルバス乗り場の間にある、小山町健康福祉会館の3階にあります。
正面入口から入ると、そこは2階にあたるので右側の建物3階へあがります。
自販機(300円で2時間まで)でチケットを買って、くつは下駄箱へ。
ここもチケットは出るときに必要です。

お湯は透明で気泡湯や打たせ湯などもあります。
洗い場は8台で、ボディーソープのみ備え付けがあります。

f0116159_7415683.jpg

ここの休憩所にはマッサージ機があります。10人くらい休めますね。

ここは地元の方に混じってオジャマさせていただきながら利用しましょう。
[PR]

by shinshin-blog | 2008-09-28 07:44 | 2008 F1日本GP 富士
2008年 09月 25日

FSW裁判 第2回

f0116159_1356021.jpg


709号法廷で2回目の裁判を傍聴いたしました。

時間としては20分ほどで終了いたしましたが、
次回、11月の裁判が重要になると思ってます。
[PR]

by shinshin-blog | 2008-09-25 13:56 | F1 裁判
2008年 09月 24日

FSW下見してきました。

電車と路線バスを乗り継いでFSWに到着。
曇り空に少し日が差す感じの天気ですが、弱い風が吹くとTシャツではちょっと肌寒いですね。

場内を歩いてみました。
変化のあるもの、気になるものがありましたので、いくつかをご報告しますね。

1.ダンロップコーナーのイン側(自由席エリア)

ダンロップの看板とK席のあいだにある土手はシケインを駆け上がりながら富士山を
撮影するのにいいポイントでした。

f0116159_11504558.jpg

去年の金曜日には土手にゴロっと寝ながら見るにはいい場所でしたね。


で、今回ダンロップコーナーへ行ってみたら。。。
f0116159_11524816.jpg

f0116159_11567100.jpg

f0116159_11575589.jpg


ダンロップの看板から舗装された歩道に沿ってK席まで、高さ2mくらいの足場が
組まれています。これだと土手に入れず、暗幕を張られたら目隠しになって自由席から
シケインを見るのは難しくなる可能性が。。。

2.歩道橋が2つ設置

パドックからP15脇の関係者用ゲートまでの車両ルートを確保し、観戦者の動線と
交差しないように新たに2つ歩道橋がつくられましたね。

A.JプラザとL席裏(P15方面)を結ぶ歩道橋

f0116159_1947305.jpg

f0116159_19495376.jpg

階段は片方(Jプラザ方向)のみにつくられています。
傾斜は緩そうですが、階段なので足元に注意が必要ですね。
(スロープは付いていなさそうなので、混雑時足元が見えずに段差につまづく可能性が)

B.M席(ネッツコーナー)とダンロップコーナー方面を結ぶ歩道橋

f0116159_2013866.jpg

こちらは両側とも階段でスロープはついていないようです。
パッと見広そうですが、上り下りで歩行スペースは半分になるので行き来には
行列渋滞になりそうなポイントです。

3.雨宿りルーフの4ヶ所の設置

去年は雨が降って体を休める場所はグラスタ裏のわずかなスペースだけで
とても混雑しました。今年はどうカイゼンしているの?

f0116159_81697.jpg

A.グラスタのA1席の端に作ってます。スペースとしては少し狭いかも。

f0116159_8234340.jpg

B.グラスタ裏の通称「ショッピングテラス」に細長く設置されています。
ここも思ったほどの人は入れなさそう。

f0116159_832915.jpg

C.F1ビレッジ内に大きめのテントが2張設置されてます。
屋根の高さと広さがありますが、想像していた大人数の収容までにはどうでしょう?
ただ、食事時などで近くの物販店で買った後には便利そうですね。


4.グランドスタンド雑感

この日はロープが張られてA1/A2のイスを確認することはできませんでした。
f0116159_8473487.jpg


手すりに案内看板があったので足を止めてみたら。。。。
f0116159_8485258.jpg

車椅子専用観戦エリアにつき、横断幕掲示禁止。ですね。
いくつかのブロックが該当するので、注意しましょう。

5.300R内側(自由席エリア)

f0116159_952991.jpg

歩道をはさんで上段下段とありますが。。。

f0116159_99302.jpg

上段は丸太が組んでいるけど傾斜があるので、長時間踏ん張って観戦することに。
荷物の置き場なども注意が必要ですね。

6.シャトルバス乗り場(大雄山駅)利用のP32(ショートサーキット)

暗くて寒くてバスがぜんぜん出なかったショートサーキット。
今年は大雄山駅のみのシャトルバス乗り場になっています。

f0116159_9181464.jpg

去年はこんな感じの場所。芝生に注目。

f0116159_9202199.jpg

インフィールドがアスファルト舗装されていました。


この他、C2仮設席については改めて検証してみます。
[PR]

by shinshin-blog | 2008-09-24 12:07 | 2008 F1日本GP 富士
2008年 09月 13日

モスクワとロシア

テレビ見てたらモスクワ中心部とか映ってて懐かしくなっちゃった。

ヨーロッパへのAIRチケットで格安だったのがアエロフロート航空(ロシア)。
モスクワ・トランジットでパリ・ロンドン・イタリア・アフリカへの渡航でお馴染みだったな。
IN/OUTの都市が違っても便利な飛行機だが、当日乗り換え出来ないと空港そばの
ホテルにほぼ軟禁状態。
で、どうせならモスクワ寄ってしまえとばかりに都内で事前にロシア入国ビザ申請すること
になったけど、ほんとメンドクサイ手続きが続くこと。。。。
VISA+モスクワのホテル1泊。
そして空港とホテルの往復送迎をお願いしたのだが(外国で別途空港送迎をお願いしたのは
モスクワだけ。あとはどこでもなんとかなった)、ロシアビザを得意とする会社とのやり取りが
FAXでやりとりして、値段交渉してまたFAXしての繰り返しだったなぁ。
(Eメールなんて無かったし、FAXが手っ取り早い交渉だった)

吹雪の中、モスクワ・シェレメチェボ空港に着いた飛行機は、多くの日本人がヨーロッパへの
トランジットカウンターへ向かう中、自分だけが会談を降りてロシア入国への道を進んだ。
長い列に少ない係員で無表情のまま自分のパスポートや入国ビザに目を通してスタンプ。

ゲートを出ると薄暗い明かりの空港には白タクの客引きがウヨウヨ寄ってきた。
追い払いつつ送迎カウンターを探し、かったるそうにしていた職員にバウチャーを見せて
来た車はボロい車だった。インツーリストホテルへ入り、バウチャーとパスポートを預け、
翌朝のご飯は粗末な黒パンだったっけ。

クレムリンの中へ入ったり、赤の広場へ行ったり、散歩しつつ地下鉄にも乗ってみよう。
おもちゃのようなプラスチックのコインのトークンでゲートをくくって、
恐ろしく長くてスピードの速いエスカレータでホームへ降りる。

今のモスクワでは昔とは比べ物にならないほどキレイな車がとおり、物が多くあって、
町並みもキレイになったなぁ。
[PR]

by shinshin-blog | 2008-09-13 20:03 | 旅行
2008年 09月 13日

カンガルーTVはどうなる?

今年もあの日が近づいてきました。
そろそろ用意もし始めなきゃいけないんだけど。。。

f0116159_8574665.jpg

これをレンタルしたいんだけど、まだホストからのオーダーが出来ない状況に。

f0116159_859666.jpg

あと1ヶ月なんだけど最悪現地で交渉になりそうな。
[PR]

by shinshin-blog | 2008-09-13 08:59 | F1
2008年 09月 08日

鈴鹿サーキットを振り返って

昨日で鈴鹿サーキット改修前のレースが終了した。

F1のレースを開催するにはパドックが手狭で老朽化したため、東コースを改修し
スタンドやピットなどの施設をスクラップアンドビルドして、来年2009年のF1の再開
の為にレースは休止することになった。

鈴鹿サーキットは子供の頃に遠足で行ったりしてF1開催の前から馴染みがあった。
遊園地があって、プールがあって、ホテルがあり、そしてレース場もある。
サーキットホテルも今のようなキレイなものではなく、2段ベットに1部屋に何人も入って
ただただ広い起伏のある遊園地だった。
(その後、学生時代ここに仕事でくるとは思わなかったけど。。。)

F1が鈴鹿で始まった頃は学生だったけど、チケットはぜんぜん買えなかった。
値段も学生にとっては高かったが、それ以前にチケット自体が抽選で買う権利すらなかった。
当時は、往復ハガキを何十枚買って送ってもぜんぜん当選しなかった。
だから金曜日とかの予備予選だけのチケットを買って雰囲気を味わっていただけで満足した。

その後、やっとのことでチケットを買えたが、自由席という名の土手で見ることに。
イスどころか満足なスペースなんてどこにもなかった。
土手にブルーシートで場所を確保し、同じ境遇の周囲で場所取りしている人と声かけつつ、
雨でズルズルになりながらも日曜日の決勝まで楽しんだ。
ホテルなんて鈴鹿周辺で確保は困難で、名古屋から朝一の近鉄で白子からバスに乗って
鈴鹿詣をすることは何も苦でななかった。

白子や鈴鹿へ入るとF1広告のポスターだったり、三重交通のバスに乗り込むと心が躍った。
朝早く鈴鹿入りしてS字から逆バンクに広がるいろいろな色のブルーシートの模様を眺めるのが好きだった。
遠くに見える鈴鹿山脈、E席最上段からながめる田んぼの奥に青い伊勢湾を眺めるのが好き。
牛串、広島焼、焼きそば、ドリンク、そしてお土産など。。。屋台が並ぶ光景に観覧車は年に一度のお祭りに相応しい。
F1での鈴鹿の光景は、日本特有の味わいのあるレースウィークだった。

秋の青空もあれば台風直撃で避難することもあった。
メシを食べる場所も少なく、大混雑で移動もままならない鈴鹿だったけどそれもまた鈴鹿だった。

セナ、プロスト、マンセル、アレジ、シューマッハ、中嶋、右京、そして佐藤琢磨。
素晴らしいドライバーあってこそ、鈴鹿のF1を楽しめた。

2009年春、どんな鈴鹿になっているか楽しみに待ってます。
[PR]

by shinshin-blog | 2008-09-08 17:11 | F1