「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 23日

小林可夢偉 KAMUI SUPPORT F1活動資金について 考えてみる

f0116159_71933.jpg

昨日、発表された「小林可夢偉F1活動資金 募金へのご協力」について、正直驚きました。
http://www.kamui-support.com/

ブラジルから可夢偉選手のリポートで本人も認めていました。

いろいろと策が尽きたのでしょう、募金は個人だけでなく、日本企業がターゲットなのかもしれません。

ただ、難点をつけるとしたらこの募金を管理しているマネージメント会社の情報開示がなされていないのが気になりました。

facebookからリンク先のホームページとされているURLは繋がらない。募金専用のサイトを作ってはいるが、運用会社の所在地や代表者の氏名くらいは明記してくれないと不安になります。

最初は不安だらけで懐疑的でしたが、来年の鈴鹿へのチケット代のグレードを10000円落として可夢偉がどこかで走られるのであれば、それに乗っかってみるのも、またよいことなのかもしれません。

賛成・反対、色々と考え方や意見もあるかと思います。

もし、今年のF1日本GPでの活躍に評価できるのであれば、夢を託すのもありかと。

[追記しました]
可夢偉サポートのページにQ&A欄が追加され、会社の所在地など情報開示されました。
まだまだ不十分かもしれませんが、声が企業側に届いていることを実感できますね。

今日、振込をさせていただきました。日本と欧州の交通費で使うもよし、せめてものキモチです。
[PR]

by shinshin-blog | 2012-11-23 07:38 | F1
2012年 11月 15日

鈴鹿 in sunday <after race>

f0116159_937489.jpg

TOP3の会見をビジョンで見終えて、日本語での可夢偉のコメントに感動しつつグランプリスクエアへ移動しました。

A1あたりには写真を収める人々があちらこちらで。
f0116159_9383367.jpg

リーダーズタワーに「3 KOB」、記念に残しておきたい光景ですよね。

f0116159_943375.jpg

グランプリスクエアでは、ふわふわしたような、興奮に満ち溢れているような。。。
とても不思議なレース後の日本グランプリの光景がひろがっています。

まずはともかくFanvisionを返却しなくては。レース後2時間までに返却しないとデポジット料金を引き落としされてしまうので、ジョイフルスクエアに移動して端末を返却しました。

f0116159_9545191.jpg

実は。。。端末のアンテナが折れていたことに土曜日に気づきまして。。。
歩いていた途中で気づいたら先端が折れてなくなってました。

f0116159_1033549.jpg

アンテナの回路がむき出しになっていまして、受信レベルが1つ分落ちましたがそのまま使用。レース後、KIOSKでの返却時に破損を報告したのですが了承していただき、デポジット請求されることなく無事に返却できました。


再びレースゲートをくぐりグランドスタンドの端で決勝のプレイバック放映をじっくり鑑賞。
暗くなったグランドスタンドに歓声と拍手が響きます。充実感あるレースを終わっても堪能していました。

f0116159_10192186.jpg

ピットやコースでは、来週の韓国GPに備えてパッキングが急ピッチで進んでいます。

f0116159_1023021.jpg

そして、可夢偉が立ったポディウムも分解されて宴の終わりを実感します。

f0116159_10353368.jpg

18時を過ぎても走り終えたマシンがピットロードの一角にたたずんています。
レース後の車検を待つマシン、各チーム担当者がマシンを移動し始めたのは19時半をすぎたあたり。レースが終わってもクルーの仕事は終わりませんね。

f0116159_10443884.jpg

グラスタ裏は、コースマーシャルさん達との記念撮影大会。
レース後も熱い盛り上がりが残ってました。去りがたいのも同感です。

f0116159_10505926.jpg

ゲートの横断幕を見つつ今年のF1も終わり、伊勢鉄道で宿泊先の津へ戻りました。

f0116159_10575388.jpg

お世話になったホテルには、こんなウエルカムボードが。こーゆーサービスってウレシイですね。

フロントスタッフさんとがっちり握手して可夢偉話に盛り上がりました。女性スタッフさんはマクラーレンやレッドブルのチームTシャツでお出迎え、フロントデスクにはフェラーリフラッグを敷き、このホテルがF1日本GPの一大イベントを楽しく歓迎してる姿勢には毎年頭が下がります。

明日も早起き、サーキットでのイベントに備えてゆっくり休むことに。。。

可夢偉、3位表彰台おめでとう!
[PR]

by shinshin-blog | 2012-11-15 11:11 | 2012 F1日本GP 鈴鹿
2012年 11月 10日

鈴鹿 in Sunday<final! He did it!!>

f0116159_7551260.jpg

決勝も素晴らしい天気、決勝は15時からなのでゆっくりサーキット入りしましたよ。

ドライバーズパレードに間に合えばいいやと松阪でラーメンを食べていたら思わぬ結構ギリギリ、伊勢鉄道から1コーナーゲートで入ってそそくさとB2-3指定席へ向かいます。

f0116159_852550.jpg

可夢偉応援席のあるC指定席には、ドライバーズパレード中の可夢偉さんがクルマから降りてアピール。可夢偉フラッグと人波が揺れて見ていて壮観ですね。3番手からスタートすることもあり、テンションもあがります。

f0116159_8104150.jpg

f0116159_8155747.jpg

コース中のポジションで待機するコースマーシャルさん達、今年もいろいろとアピールをして観客を盛り上げてくれてます。こんなんやってますが、レース進行では迅速に動いてくれる有難き存在。

スタートセレモニーが始まり、あとはF1のレース進行が進んでいきます。

f0116159_825924.jpg

スタート、1コーナーへなだれ込む。。。
ここに可夢偉が巻き込まれなかったのは、3番グリッドからスタートし失敗せず抜けたからこそ。

f0116159_8344732.jpg

アロンソはスタート直後早々にリタイア。
ワールドチャンピオンへの可能性が大きく遠のくポイントなし。

鈴鹿マイスターのベッテルは、まったく問題ない。
むしろ場内の観客は、可夢偉の状況をピエール北川さんの実況とビジョンで刻々と変化を感じ取る。

f0116159_8572591.jpg

サーキットビジョンもいいですが、レンタルしたFanvisionが状況変化を自分の好みにセレクト出来るので、とても便利でした。画面のように4台チェックもできますし、ピットレーンカメラや審議状・セーフティカーやコースクリアの文字情報でレースリスタート状況確認にも役立ちますね。

特に終盤は4位のバトンのオンボードカメラを選択してタイムギャップを画面右に表示することで、前を走る可夢偉とのバトルを映像とタイムの縮まり具合を目視で確認。レース把握とピエールの実況がノイズで消えることなく堪能できましたよ。

2位のマッサを抜くことも難しいと察知、あとは3位表彰台を4位のバトンから守るのみ。
実況のピエールさんの声もファイナルラップになる頃には枯れ果てるほどの猛追を振り切って、3位フィニッシュ。日本GPで22年ぶりに日の丸がポディウムに揚がる!

f0116159_9103834.jpg

フィニッシュした直後の1コーナーで手を上げて歓声に応える可夢偉。

f0116159_912419.jpg

チャンスは何度もあった可夢偉、鈴鹿で初めての表彰台へあがり日の丸も掲げられる。

f0116159_9154119.jpg

f0116159_9161562.jpg

この歓喜!歓声!!たまらない至極。
日本でF1を開催するようになり、鈴木亜久里さん以来手の届かなかったポディウムにやっと戻ってきた瞬間を味わえる。

f0116159_9251817.jpg

TOP3インタビューが終わってもしばらくはこの余韻に浸りたい。
多くの想いをココロに持ち帰り、B2席をあとにしました。
[PR]

by shinshin-blog | 2012-11-10 09:29 | 2012 F1日本GP 鈴鹿