タグ:夜行列車 ( 5 ) タグの人気記事


2009年 09月 09日

マイル特典の旅  とりあえず広島

貯めていたマイルが8月末で失効してしまうので、どっか出かけようと考えたのですが
どうしても行きたい場所までマイルが足りないので。

那覇起点なら、大阪→那覇→静岡でも組めたのですが、帰りに楽したいこともあって
福岡→那覇・那覇→羽田で特典予約を組んでみました。

f0116159_18553616.jpg

どうしても福岡までは自力で行くことになったので、臨時になった「ムーンライトながら」号で
大垣を目指します。

f0116159_1859677.jpg

臨時になって車両も変わり全席指定になりましたが、この方が落ち着いて乗れますね。

ただ売切になってた席が実質半分くらいしか乗車していませんでしたね。
指定を押さえてキャンセルしてもお金がほとんど戻らないので、そのままにしちゃうのでしょう。
他に乗りたい人もいるので、余ったらリリースしてくれることを願います。

乗車の波も小田原で一区切りし、熱海で運転停車までは起きていたのですが、気づいたら名古屋。

その後、大垣・米原で乗り換えて姫路で一旦改札を出て、F1の帰りの特急券確保の為に
10時からの発売に向けて”みどりの窓口”で待機。

事情を説明した窓口のKさん、10時キッカリに無事発券。
指定券と乗車券が別になりましたが、
「とりあえず指定席を押さえたいので、別発券にしました。」との有難い申し出。
ホントお世話になりました。

f0116159_19125995.jpg

その後、相生・岡山で乗り換えて尾道で一旦下車。
お昼ごはんのお店に向かいました。
[PR]

by shinshin-blog | 2009-09-09 19:13 | 旅行
2008年 12月 07日

ぶらっと冬の旅1 「サンライズ瀬戸」ノビノビ座席

最初は駅長にごあいさつとカブリツキが目的だったのですが、いろいろ考えて
旅のスタートは高松を目指します。

f0116159_15594377.jpg

飛行機で関空or神戸からバスで四国を目指す案もあったけど、JRの夜行列車
サンライズ瀬戸を利用しました。

f0116159_16543.jpg

サンライズ瀬戸は前回サンライズツイン利用でしたが、今日はノビノビ座席。
実際は座席がなくて、2段ベッドでカーペット敷きの船の2等船室のような感じ。

f0116159_16722100.jpg

上に上がるとこんな感じで、横を仕切る壁はありません。
わずかに窓寄りに顔を隠す仕切りがありますので、寝顔を見られることはないけど
胸の位置から足元までは丸見えになります。

f0116159_16105967.jpg

シーツや枕のリネンは無く、上にかける毛布と頭の部分あてるに短いシーツだけ。
カーペットに直に寝るので、腰痛持ちには大変ですが寝台料金が浮くので(指定券は必要)
費用を安くしたい利用者にはお勧め。

ただ、初めて乗車されたと思われる老夫婦がこのノビノビ座席を利用していましたが、
寝台と同等に寝られる訳ではないので、この場所を選ぶには慎重に考えましょう。
(お孫さんが見送りに来ていたのですが、もっと配慮して選んであげましょう。)

f0116159_1624752.jpg

窓側はこんな感じ。
荷物は通路側に置くと盗難の恐れがあるので窓側に置いたほうがいいですが、
棚が無いのでスーツケースやキャリーバックの様な大型の荷物を置くのは不可。
(顔の脇において置くと列車の動きによっては荷物が倒れ、ケガをする可能性アリ)

窓はブラインドが下ろせますし、個別の蛍光灯やスポット照明もあり便利ですね。
ただ、車内は減灯されないないので、通路側をカーテンでひいても遮光はあまり
効果が薄いので、気になるならアイマスク・耳栓は必須かな?

f0116159_16331670.jpg

私は富士あたりで寝てしまい目が覚めたのは岡山駅手前の「おはよう放送」。
途中、関ヶ原付近で鹿と衝突し30分ほど停車したそうですが、終点の高松に着いたのは
1時間遅れの8時半頃でした。

この後レンタカーをピックアップして、うどん屋をめぐります。
[PR]

by shinshin-blog | 2008-12-07 16:18 | 旅行
2008年 12月 01日

今日の寝床

f0116159_2234611.jpg

ちょっと行ってきます。
おやすみなさい。
[PR]

by shinshin-blog | 2008-12-01 22:03 | 旅行
2007年 12月 12日

上野発の夜行列車 あけぼの

今回から青森県の黒石市へ温泉と しるやきそば を食べに行ってきました。
前夜に夜行で出かけ、最終の新幹線で帰る強行スケジュールでした。

f0116159_109547.jpg

で、夜行で弘前まで行く為に上野から寝台特急「あけぼの」に乗車します。

f0116159_9571745.jpg

乗車した上野駅のホームが行き止まりの構造上、車庫からバックしてホームに
接車するため、先頭となる客車の最後尾に無線を持った係員が状況を機関車の
運転士に伝えつつ、停車位置を作業員が掲示している目印を見ながら運転手が
止まる事できっちりズレないで到着できます。

f0116159_10113646.jpg

これから弘前まで11時間ちょっとの旅になるのですが、今回の寝床はB寝台の個室に
してみました。値段は通常の4人用のB寝台と同じでお得感があるのですが、狭い。
車両の上下に部屋が設定されているのですが、割り当てられた部屋は入るのに
横向きになってギリギリで、天井が低いので室内で立ち上がる事は無理ですね。

f0116159_10195648.jpg

列車が古いのでこんな設備を発見。冷水機がありました。
昔の新幹線にもありましたね。ちゃんと横には丸い形じゃない紙製のコップもあります。

乗車して、新潟・秋田まわりで青森まで行くのですが、水上駅を過ぎたあたりで
寝てしまい、起きたのは秋田駅到着前の6時過ぎ近くでした。
この後、大館駅で予約した駅弁を受け取る事になってます。
[PR]

by shinshin-blog | 2007-12-12 10:27 | 旅行
2007年 07月 04日

快適な夜行列車 「サンライズ瀬戸」 

f0116159_6343084.jpg

過去に何度も高松へ通っていますが、私が高松へ行くパターンとしては2つ。

1つは羽田からANAの始発便で高松入りし、レンタカーをピックアップして
「山越」へ行くパターン。
もう1つは、東京から夜行快速「ムーンライトながら」で名古屋、大阪、岡山を
経由してレンタカーで「山越」へ行くパターン。(どっちも山越へ行くんかい!)

で、今回は連れと違うアプローチで山越へ向かいます。

f0116159_6362159.jpg

ブルートレインで夜10時に東京を出て、翌朝7時半に高松へ到着する
夜行寝台特急「サンライズ瀬戸」を利用してみました。

今回利用したのは、4室しかない「サンライズツイン」。
当日の早朝に手配しましたが、無事確保しました。

f0116159_6403994.jpg

サンライズ瀬戸は2階建てですが、ツインは1階部分。
だからホームの高さと比べると部屋の位置がこんなに低い位置にあります。

f0116159_641314.jpg

部屋からホームを見ると新鮮な感じですが、ホームから部屋が丸見え。。。。

f0116159_6424047.jpg

室内は昔の寝台夜行列車と比較にならないほどの快適さ。
ベッドも線路と平行に並んでいて空間も広いです。

f0116159_645497.jpg

部屋にはありませんが、シャワーも310円で利用できます。
6分間使えますが、お湯を使っている間だけしかタイマーが進まないので
結構余裕で利用できますし、シャンプー、ボディーソープ、ドライヤーもあります。
ただし、揺れが相当激しいので片手は手すりを必ず持って、壁にもたれながら
利用しましょう。

f0116159_712115.jpg

途中、蒲郡で目が覚めて大垣あたりまで起き、そこから目が覚めたら「揖保の糸」
の看板が飛び込んできました。(姫路駅でしょう)
途中30分ほど遅れて瀬戸大橋を渡り高松に到着したのは8時15分頃。
駅前のレンタカーを借りるのが8時からでしたのでちょうどいい感じです。

そして、お約束通り「山越」へ向かうのでした。
[PR]

by shinshin-blog | 2007-07-04 06:27 | 旅行