「ほっ」と。キャンペーン

タグ:焼そば ( 12 ) タグの人気記事


2012年 04月 15日

松阪 「不二屋」 地元密着型のやきそば

ファン感謝デーの日曜日は雨でした。
ちょっとサーキットに寄るのもシンドイので、ホテルをチェックアウトしてから別の町へ。

f0116159_12522595.jpg

久しぶりに松阪へ出かけてみました。
松阪牛もいいけどちょっと噂に聞いたローカルフードのお店でお昼にします。

f0116159_1254269.jpg

中華そば、やきそばの不二屋さん。
生憎の天候ですがここだけは次々に人が押し寄せます。

満席だったので名前を書いて店内で30分ほど待ってから案内されました。

f0116159_12595480.jpg

メニューを見て、中華そばかやきそばか迷って、五目やきそばを注文しましたよ。

f0116159_1321690.jpg

麺が揚げてあり、そこへあんかけを上に乗っける皿うどん風ですが、生卵がついてきました。

まずはそのまま頂きます。
うん、とてもおいしいです。行列して食べる価値ありですね。

f0116159_13163510.jpg

そして、たまごを上に乗せてウスターソースをかけて食べてみたら。。。
うん、こっちの方が美味しいですね。

f0116159_13192942.jpg

玉子の濃厚さとソースの酸味がとても焼きそばに合いますよ。
逆になぜ今まで気づかなかったのか、不思議なくらいにマッチしますね。

・不二屋さんの詳しいことは、こちら

・不二屋
三重県松阪市中町1900
JR・近鉄松阪駅から徒歩7分くらい


[PR]

by shinshin-blog | 2012-04-15 13:24 | おいしいもの
2010年 04月 11日

お台場 「ご当地麺祭り」 津山ホルモンうどん

f0116159_1751628.jpg

お台場・アクアシティでのご当地麺祭り。

続いては、津山ホルモンうどんを食べてみましょう。
大(2玉)+ホルモン増量でお願いしました。

f0116159_17555716.jpg

さすがにホルモン増量しただけにいろんな部位が入ってますよ。
麺はB級グルメのイベント時よりも薄い感じですね。

f0116159_17574886.jpg

ここはテラス席もあるんで、いろんなお店で買ってからノンビリするのもいいかも。

・津山ホルモンうどん研究会
東京都港区台場1-7-1 アクアシティ5F ラーメン国技館内
TEL 03-3529-3650
[PR]

by shinshin-blog | 2010-04-11 18:01 | おいしいもの
2010年 04月 10日

お台場 「ご当地麺祭り」 ローメンシャトレ

f0116159_8325969.jpg

お台場のラーメン国技館がリニューアルしたので、アクアシティーへ出かけてみました。

f0116159_8354235.jpg

ご当地の麺をターゲットにご当地麺祭りをテーマにしていましたよ。

f0116159_8391074.jpg

中はフードコートスタイルで、テーブルを確保してから各店へ出向き注文。
ポケベル風や番号札だったり、その場で待って受け取るなどお店によってバラバラでした。

f0116159_8431545.jpg

数あるお店の中で、是非久しぶりに食べたい伊那ローメンを。

f0116159_8493683.jpg

2007年に行った伊那市のシャトレはこんなお店でした。
猪肉のドラゴンローメンは臭いが獣臭で独特な感じでしたわ。
現地のレポートは、こちら

f0116159_853542.jpg

今回はマトンの本格ジンギスローメンを注文してみましたよ。
ガリとキャベツが添えられているのも現地と同じやり方ですね。

f0116159_856109.jpg

カウンターにあるローメンソース、七味、にんにくパウダー、酢はお好みで入れてみましょう。
最初はそのままで食べましたが、ドラゴンローメンほどの獣臭がないので食べやすいですね。

あとは、にんにくパウダーを多めに七味をちょっとかけると美味しくなりますね。

東京で貴重な伊那ローメンが食べられるお店ですが、店舗入れ替わりが激しいココにはいつまでかが気になります。

・信州伊那市 ローメンシャトレ
東京都港区台場1-7-1 アクアシティーお台場5F ラーメン国技館内
TEL 03-3529-3558


ご当地麺祭りについては、こちら
[PR]

by shinshin-blog | 2010-04-10 09:07 | おいしいもの
2009年 08月 08日

浪江(福島) 「縄のれん」 元祖焼きそば

f0116159_12473620.jpg

始発で家を出て、常磐線に乗って6時間。
やっと福島県・浪江駅までやってきましたよ。

町おこしで太麺を使った焼そばをPRしていると聞いて、私もこちらへ。。。

f0116159_12513835.jpg

駅から歩いて5分ほどにある、”浪江名物・元祖焼そば”「縄のれん」さんへ。
お店の入口には、屋号の通りの縄のれんをくぐって入りました。

f0116159_1313294.jpg

さっそく、元祖焼きそばを注文します。
店内は、カウンター・テーブル・小上がりもあってくつろいじゃいますよ。

f0116159_136145.jpg

ふと看板に目が行くと、出来上がりまで40分かかるとの但し書きが。。。
40分後の次の列車に乗って移動しようとした考えがガラガラと崩れていきますわ。

できるまでご主人とお話をさせていただきました。
他店舗でよく利用されているのは蒸し麺ですが、縄のれんさんでは生麺を20分茹でてから
炒めてお客さんにお出しするので、どうしてもこのくらいの時間になってしまうそうです。
せっかくお越しいただいたお客様にご理解してもらいたく説明を掲示しているようですね。

私は朝10時半くらいでしたが、お昼に向けて麺を茹ではじめたタイミングだったので
焼きそばの出来上がりは20分くらいで食べられました。
実にいいタイミングで焼きそばをいただきました。ラッキーっす。

f0116159_14141025.jpg

焼きそば大盛り(680円)。
具は豚肉ともやしのみでシンプルな焼きそばです。

f0116159_14204833.jpg

麺が太いですね。でも想像していたうどんの太さよりは細くて食べやすそうですね。
で、茹でたてのしなやかさな麺がソースに絡んで、かなりおいしいですよ。

f0116159_1423051.jpg

テーブルには、「焼そば専用」と書かれたナゾの小瓶が。。。。

ご主人から
「最初はそのまま食べて、お好みでかけて試してみてね。味がぜんぜん変わってしまうので。。。。」と
少しそのままで食べた後で、さっそく振りかけて食べてみます。

これ。。。。後味の風味がまろやかな感じ、でも味わいはおいしいんです。
もちろん最初に食べた味もいいけど、これをかけたのもアリなんですよ。
どんどん食がすすんでいきます。

「焼そば専用」の粉は奥様が考え、一味とあるモノをブレンドしたもの。
七味ではいろいろ混ざってしまうので、一味を選んだそうです。
あるモノをいれると味がまろやかになり、さらに食欲がすすんでいいよ。と教えてくれました。


f0116159_14501246.jpg

何が入っているかは教えてくれましたが、ご主人からは内緒ねって言われましたので。。。。

でも、確かにコレを入れたら合うよね。

すっかり和んで、完食した後は後ろ髪を引かれつつ、お店をあとにしました。

f0116159_1459358.jpg

ご主人から頂いたお店のロゴ入りのグラスは無事に割れずに持って帰りました。
ご主人、ありがとね。

・浪江名物 元祖焼そば「縄のれん」
福島県双葉郡浪江町大字権現堂字南深町22-2

[PR]

by shinshin-blog | 2009-08-08 13:08 | おいしいもの
2008年 01月 27日

宇都宮は焼きそばの町? 「ばそき家」

宇都宮は結構行く街。

それは餃子があるから!
宇都宮の2大巨頭、 「正嗣」と「みんみん」 があるから。

でも、餃子だけじゃなく宇都宮は焼きそばも多くの専門店があるようです。
横手、太田、富士宮など、いわゆるご当地焼きそばを食べ歩いた焼そば好きの私。
楽しみです。そんな中でいくつかのお店を訪ねてみました。

f0116159_1014828.jpg

評判の良かった「ばそき家」さんへ訪ねてみました。
場所は主要道路沿いにあり自家用車なら便利だけど、家からバスだと結構大変。
とりあえず降りたバス停から30分程歩いて到着。

f0116159_10193361.jpg

お店は小さめでテーブルは2つだけ。どちらかと言えば出前中心かも。
ここがおもしろいのはトッピングが豊富。麺の量もいくらでも選べる自由さがいいね。
(1キロでオーダーも可能ですよー。)
ここでは、イカゲソともやしのトッピングで大盛りをチョイスしてみました。

f0116159_10222373.jpg

かなり真っ黒な焼そばです。濃いのかなって思ってたけど、思ったほどではなく
スパイシーですごく美味しいです。
お店の方から「かなり熱いので気をつけて下さいね。」と一声かけて下さいましたが、
食べると確かに熱いんだぁ。

お店の前にあったのぼり見かけた月星ソースがここの味つけで重要になってますね。
それと鉄板を相当高い温度にして焼き上げる腕があってこそ、このお店のレベルの高さが
判りました。
接客も親切でしたよぉ。わざわざ食べに来た甲斐がありました。

おみせはこちら
電話で前もって注文して、持ち帰りがいいですよ。
[PR]

by shinshin-blog | 2008-01-27 09:36 | おいしいもの
2008年 01月 09日

日本一の焼そば! 岐阜・高山市 「ちとせ」 スペシャル焼そば定食

f0116159_751565.jpg

お天気だった名古屋から高山へ着いたら昨日からの雪で駅前は大雪になっていました。

高山と言えば、高山ラーメン、朴葉みそ、赤かぶなどの名産品もあり、街中では
五平餅、みたらしだんご、牛串などその場で食べられるものもあり、食事は充実
している街ですね。

f0116159_7154230.jpg

いろいろお店がある中でも、私が思う「日本一の美味い焼そば」がここ高山にあります。
大雪で歩きにくいけど駅から5分ほどにある「ちとせ」さん。

f0116159_7211425.jpg

大晦日の14時頃に入店しましたが満員で10分待ちでした。
見かけると家族連れが多く、観光客は少なくどちらかといえば地元のお客さんで
にぎわっていましたよ。

f0116159_726363.jpg

スペシャル(イカ、肉、玉子入り)焼そばに140円プラスして定食にしてもらいました。
油っぽくなく、ソースくどさがなく、でもしっかりした味付け。
ここの焼そばは3度目ですが、いつ来ても期待を裏切らない美味しさです。
以前、この焼そばが食べたい為だけに高山へ来た事がありましたが、改めて納得。
今回は定食にしてみましたが、スープの美味さに今回気付きました。
色は薄いですが、かなり味わい深いです。焼そばもスープもレベルが高いですね。

「ちとせ」さんは、高山駅から徒歩5分くらいで、国分寺通りすぐにあります。

この後、大雪の中で古い町並みを歩きつつ今夜の宿へ向かいます。
[PR]

by shinshin-blog | 2008-01-09 07:33 | おいしいもの
2008年 01月 05日

青森・黒石市 「こみせ庵」 しるやきそば

レンタカーを借りて探して走っていましたが、そろそろ時間が無くなってきました。
16時過ぎには弘前駅へ戻り、秋田行きの特急に乗らないとその日のうちに
東京へ戻れなくなります。

そこで、日本道の100選にある「こみせ」通りにある、特産品などが販売されて
いる「こみせ駅」の中に併設されている「こみせ庵」で、しるやきそばを食べてみる
事にしました。

f0116159_00421.jpg

「こみせ」は、木造のアーケードでこんな感じになってます。

f0116159_024079.jpg

こみせ駅ではちょうど津軽三味線の演奏中でした。
(1日2回、11時と14時に30分くらいありますよ)
そのステージの前に食べさせてくれる「こみせ庵」があり、さっそくしるやきそばをオーダー。

f0116159_042927.jpg

津軽三味線の演奏中で恐縮しつつ頂きました。
ソースやきそばをベースにつゆがかけそばの濃い目のつゆにあいます。
上にのっている天かすがすごく「和」のイメージを引き寄せて、この一見アンバランスさ
をすごくまとまった一品にしてくれますね。
ただ、時間が迫る中で演奏中に席を立つのもナンでしたので、時間を気にしつつ
演奏が終わったところで席を立ちました。

もう少しゆっくりしたかったのですが、しるやきそばの良さは十分わかりました。
少なくとも塩原温泉で食べた「スープ入りやきそば」よりもこちらが好きですね。
[PR]

by shinshin-blog | 2008-01-05 23:49 | おいしいもの
2008年 01月 03日

青森・黒石市 「秋元食堂」 黒石やきそば

青荷温泉を楽しんだ後で、今日のメイン黒石やきそばを楽しみます。

f0116159_2121320.jpg

まずは地元で評判のお店、秋元食堂へまいります。
雰囲気は小さな食堂でこじんまりしてますね。

f0116159_2155275.jpg

メニューは焼きそばのみ。値段によって焼きそばの量がかわります。
私は500円の焼そばをお願いしました。

f0116159_2110494.jpg

黒石焼そばに多く見かける太平麺を使っていますが、しっとりとしたジューシーな
ソースの味が楽しめます。ここの味わりと好きですね。

この次は、つゆやきそばのお店へ向かいます。
[PR]

by shinshin-blog | 2008-01-03 21:19 | おいしいもの
2007年 07月 06日

群馬・太田 「峯岸大和屋」 焼そば

焼そば大好きな私として、3大聖地の秋田県横手市、静岡県富士宮市は行った事が
あるのですが、近くて遠い群馬県にはなかなか行けてませんでした。

んで、最後の聖地へ向かうべく群馬県太田市の太田焼そばを食べることに。

太田市までどーやって行くか考えてみました。
楽チンなのは浅草まで出てから東武特急で行けばいいのですが、それではつまらん。

で、今回はこんなルートでアクセスしてみました。
とりあえず品川へ、山手線で大崎へ、湘南新宿ラインで埼玉県の熊谷へ移動。
そこからは、500円でバスアクセスが出来るOTA-Cityシャトル500を利用してみました。

マイクロバスで45分ほどゆられて太田駅へ到着。
場所柄、ブラジルからの方が多いので看板にもポルトガル語が併記されているお店もあり。

駅から暑い中歩くこと20分ちょっとで「峯岸大和屋」さんへ到着します。

f0116159_10293737.jpg

店構えは和菓子屋さんそのもの。入口にはショーケースがありますが、
奥にちゃんとテーブルが用意されています。
お店のおかあさんに「暑かったでしょ(笑)」とねぎらってもらい、やきそば大をオーダー。

f0116159_10401980.jpg

具はキャベツと青海苔だけ。(お肉は入っていないんです)
でもね、太めの麺にソースが馴染んでおいしいです!

f0116159_1041219.jpg

卓上にソースと七味が置いてあり試してみると、スパイシーさが際立って美味しい。
七味って焼そばに合うんですね。

あと、他のお客さんがオーダーした「ところてん」を見てましたら、タライからところてん
を取り出し、木製の押し出し機に入れてスッっと押すとおなじみのところてんが押し出されて
きました。
流行に流されず、地元のお店といった雰囲気も味もなかなかよろしいです。
遠いけどまた来ようと思わせるお店ですね。
[PR]

by shinshin-blog | 2007-07-06 10:05 | おいしいもの
2007年 04月 28日

そんなに気にしなくても

抽選に外れてヘコんでいてもしょうがない。

夜勤後、お昼ごはんに宇都宮へ行ってました。

行ったのは2ヶ所、やきそばと餃子。

1軒目は「辻めん食堂」。

やきそばが話題になっているお店ですが、入ってお客だかマスターだか
判らない妙に親切なオジサンが仕切ってます。
ここも石田屋もそうですが、栃木の焼そばってソースが滴るくらいの
ソースが多いのです。
しっとりしたソース焼そばはわりと好きなのですが、もう少しスバイシーさ
があってもいいかな?
でも、アットホームな雰囲気はいいですね。

2軒目は、「正嗣」。

宇都宮の餃子では2大巨頭の1つ。
2時過ぎに行ったのですが、行列が20人くらいいました。
40分ほど並んで入店したのですが、いつもと勝手が違うのは
おじさんとおばさんで切り盛りしていたお店にもう一人男性がいて
サポートしてました。(ご子息さんかな?)
焼き餃子3人前+水餃子1人前を頂きました。

で、いつものごとく焼き餃子は「お酢」のみで頂き、水餃子はお酢+ラー油を入れて
食べていたら、お隣のカップルがこっちの食べ方を見て、???って感じで見てました。
(お酢だけで食べるのって、確かに正嗣だからこそ美味しく食べられるのですけどね)
そのうち、カップルがこちらと同じような食べ方をしだしました。
ね、いいでしょ。
[PR]

by shinshin-blog | 2007-04-28 19:41 | その他