「ほっ」と。キャンペーン

タグ:青森 ( 4 ) タグの人気記事


2011年 07月 08日

旅で東北を支援しよう!7 青森「古川市場」 のっけ丼は、ステキな朝ごはん

青森の朝は、梅雨時なのに素晴らしい青空でした。

f0116159_20564972.jpg

今回泊まったのは、古川にある「ホテル セレクトイン青森」。
素泊まりながらチェックイン時に菓子パンをもらえて、シングル1泊2780円でした。

このホテルで素泊まりにしたのは、近くにいい市場があるということで。。。

f0116159_2141968.jpg

市場らしい素敵な路地裏をぶらぶら歩いて。。。

f0116159_218510.jpg

古川市場へ到着。「のっけ丼」の旗が目印ですよ。

f0116159_21104318.jpg

のっけ丼の仕組みはとても簡単。
オレンジの旗のお店でごはんを買って、青い旗のお店でお魚やお惣菜などの具をのっけてもらいましょう。

f0116159_21145297.jpg

さて、ごはん片手にどのお店に寄ろうかな?
歩いていると、とても楽しいですよ。

f0116159_21182811.jpg

値段設定がワンコインが多く、意外に気楽でお手頃ですよ。

ガッついた客引きもなく、ほのぼのとした感じ。
釧路にある有名なとある市場の客引きに恐怖を感じましたが、ここではそれは皆無です。

f0116159_21224258.jpg

お母さんと世間話をしつつ、まったりと具材を選んだりして。

f0116159_21254779.jpg

魚の麹漬けかな? これは面白いなーって、のっけてもらったり。

f0116159_21283356.jpg

そのおかず何? のっけて! んで、お味噌汁もね。

f0116159_2132506.jpg

いろいろのっけてもらったら、こんなどんぶりになりました。
ホタテの張り具合が、いい素材を表していますね。

f0116159_2135272.jpg

そして、青森といえば「しじみ汁」。
日本人で良かった瞬間を味わえますよ。

f0116159_21382548.jpg

満足して市場を出たら、実に引かれるお店を発見。

f0116159_21425242.jpg

青森のおでんは、生姜みそをかけていただきます。

こんにゃく、ちくわ、平べったい練り物の3本で130円!!
なんという安さ!感動しちゃったよ。

青森には、素敵なポテンシャルのお店がいっぱいあります。
みんなにお勧めしたい場所ですね。

・のっけ丼について、詳しくはこちら

・古川市場(青森魚菜センター)
青森市古川1-11-16 
TEL 017-777-1367

[PR]

by shinshin-blog | 2011-07-08 21:47 | おいしいもの
2008年 01月 05日

青森・黒石市 「こみせ庵」 しるやきそば

レンタカーを借りて探して走っていましたが、そろそろ時間が無くなってきました。
16時過ぎには弘前駅へ戻り、秋田行きの特急に乗らないとその日のうちに
東京へ戻れなくなります。

そこで、日本道の100選にある「こみせ」通りにある、特産品などが販売されて
いる「こみせ駅」の中に併設されている「こみせ庵」で、しるやきそばを食べてみる
事にしました。

f0116159_00421.jpg

「こみせ」は、木造のアーケードでこんな感じになってます。

f0116159_024079.jpg

こみせ駅ではちょうど津軽三味線の演奏中でした。
(1日2回、11時と14時に30分くらいありますよ)
そのステージの前に食べさせてくれる「こみせ庵」があり、さっそくしるやきそばをオーダー。

f0116159_042927.jpg

津軽三味線の演奏中で恐縮しつつ頂きました。
ソースやきそばをベースにつゆがかけそばの濃い目のつゆにあいます。
上にのっている天かすがすごく「和」のイメージを引き寄せて、この一見アンバランスさ
をすごくまとまった一品にしてくれますね。
ただ、時間が迫る中で演奏中に席を立つのもナンでしたので、時間を気にしつつ
演奏が終わったところで席を立ちました。

もう少しゆっくりしたかったのですが、しるやきそばの良さは十分わかりました。
少なくとも塩原温泉で食べた「スープ入りやきそば」よりもこちらが好きですね。
[PR]

by shinshin-blog | 2008-01-05 23:49 | おいしいもの
2008年 01月 03日

青森・黒石市 「秋元食堂」 黒石やきそば

青荷温泉を楽しんだ後で、今日のメイン黒石やきそばを楽しみます。

f0116159_2121320.jpg

まずは地元で評判のお店、秋元食堂へまいります。
雰囲気は小さな食堂でこじんまりしてますね。

f0116159_2155275.jpg

メニューは焼きそばのみ。値段によって焼きそばの量がかわります。
私は500円の焼そばをお願いしました。

f0116159_2110494.jpg

黒石焼そばに多く見かける太平麺を使っていますが、しっとりとしたジューシーな
ソースの味が楽しめます。ここの味わりと好きですね。

この次は、つゆやきそばのお店へ向かいます。
[PR]

by shinshin-blog | 2008-01-03 21:19 | おいしいもの
2007年 12月 15日

青森県 青荷温泉(ランプの宿)へ

弘前から黒石市に到着しましたが、この時点で朝10時でした。

当初はレンタサイクルを借りて、しるやきそば回りをしようと思っており、
とりあえず市の観光課へ電話して聞いてみました。
が、どうやらその店は閉店しているとの情報が。。。
やきそば店まわりをするにしてもお店は広範囲で徒歩では限られる。

そこで、目に入ったのがレンタカーの広告看板。
そーだ、借りて温泉もやきそばも楽しもうと思って、某レンタカー店へ飛び込み
安いクラスを借りて行っちゃいました。

f0116159_11152615.jpg

目指す温泉は、JR東日本がランプの宿としてキャンペーンをしている青荷温泉。
テレビ、冷蔵庫はなく、明かりもランプを使っている宿です。
こちらでは温泉の立ち寄りもできるのですが、電話で聞いてみると途中で車を置いて
送迎車に乗り換えて行くそうで、その送迎車の時間が11時が午前の最終便。
そうこうしていると30分しかない。行ってもギリギリ間に合うかどうか?
で、行って3分前に到着しシャトルバスになんとか乗車。

あー確かに普通の車は無理ですわ。クネクネ曲がるアイスバーンになってる急坂を
登って、岩木山を眼下に見下ろす場所まで山を登ったと思ったらすごい急坂を下る。
で、撮影し忘れたのですが、道中におもしろい津軽弁の看板が待ってます。

f0116159_11222465.jpg

これは宿の健六の湯にある注意案内ですが、こんな感じの案内が道のそこそこや
宿のあちらこちらで見かけます。

f0116159_11424060.jpg

ご挨拶してからお昼ご飯を予約しておき、宿の方に聞くとお客は私だけ。
4つのお風呂がひとりでゆっくり楽しめそうです。

f0116159_11595027.jpg

まずは、露天風呂を目指します。
雪景色の中でひとりだけでのんびりといいですね。アクセスが悪いのもいいかな。

f0116159_120253.jpg

露天風呂あり、樽で出来た子宝の湯もあり、なかなかいいですわ。

f0116159_11551593.jpg

青森県の木でもあるヒバ造りの健六の湯もシンプルですが、気に入りました。


お風呂の後でお昼を囲炉裏でいただき、また風呂へ浸かります。
午後の送迎は13時20分があり、それで戻ってきました。
今度はじっくり泊まりたいですね。

レンタカーに乗り、来た道を戻って目的の「つゆやきそば」を頂きます。
[PR]

by shinshin-blog | 2007-12-15 12:09 | 旅行