人気ブログランキング |

しんしん ”やってみよう!”

goshinshin.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 24日

原告が富士スピードウェイに勝訴

f0116159_15251365.jpg

今日、5年以上をかけた裁判の判決言い渡しの日。久しぶりに霞が関へ傍聴に出かけてきました。

13時15分からの開廷、早め裁判所に入り510号法廷の脇にある待機部屋にはすでに被告側弁護士及び関係者がおり、法廷入口にはマスコミ撮影とその旨了承の但し書きあり。

係員から傍聴席が満員の場合には入廷不可との説明の上で入室開始。座席の数割は報道用になっているものの、多くの傍聴人・原告・被告がはりつめた空気で開廷を待ち望む。

裁判官入廷、即判決が言い渡されている。が、何とも解りにくい。

ただ裁判長が被告は原告への支払いを言い渡したのは、しっかりとこの目でこの耳で目撃した。
国が富士スピードウェイに対して負を認めて、ここに証明したのだ。

私は原告でもない。しかし2007年の酷い現場を身をもって味わされた苦悩は、時を経て少なくなることはあっても、消し去る事ができない汚点であるのまた事実である。

判決は示された、被告が控訴することもあり得る。でも国が認めた事に意義がある裁判でした。

by shinshin-blog | 2013-01-24 15:22 | F1 裁判


<< 今年の観戦環境は厳しいか?      京王駅弁大会 福袋当たりました! >>