しんしん ”やってみよう!”

goshinshin.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 23日

テレビ埼玉 「たまたま」 藤村忠寿と西田二郎@熊谷・八木橋百貨店 #たまたま 

f0116159_11501739.jpg

今年最後のたまたまは、日頃から支えてくれる熊谷市の八木橋百貨店での収録でした。

f0116159_11593120.jpg

朝8時から並んで整理券を確保し、八木橋百貨店の隅々を歩き回ります。

スマホアプリの「stαc」を使って、開店からイベントが始まるまでの間を八木橋さんご協力のもとで、地下から屋上までの隅々をQRコードを探してスタンプラリー。
ゾーンによってスタンプを集めたら割引券やグッズプレゼント、そしてこの後のエキストラ参加権など、楽しみながら店内を回遊できる楽しみ。八木橋百貨店さんにとっても参加者に売り場をくまなく回ってもらったりして売り場を知ってもらえ、従業員さんがこっそりQRコードの場所を教えてくれたりするいいコミュニケーションができて、ローカルマーケティングとしてすごく良いことだと思いますよ。

f0116159_12164838.jpg

八木橋特別食堂では番組コラボの「たまたま定食」
※2月まで続けるそうですよ
甘いのあり、辛いのあり、たまたまな丼あり面白味のあるメニューですね。

f0116159_12201270.jpg

そして、これまた八木橋百貨店さんが作っちゃった、たまたまグッズの販売もあったり。
(前掛け購入させてもらいました)

f0116159_12223934.jpg

そして8階カトレアホールでは、最初の収録「ヒーローショーショー」。
ミュージカルであり、ヒーローショーである今回は、台本と音楽は西田二郎さんが作り、演出を藤村さん。
ただし、藤村さんも演者の方々もほぼ初見、さらにセリフは口パクで舞台にある脚立・いす・自転車の小道具は自由に演者さんに使っていただく。
舞台袖で藤村氏・西田氏、演者が自由にミュージカルとヒーローショーならではの演技をし、そこにタイミングやフリと間を藤村さんが肉付けして段々とミュージカルへと変貌させてゆきます。

f0116159_12504262.jpg

舞台を見ていた我々は立稽古からゲネプロまでの過程に参加しているようであり、こちらの反応で一本の作品が完成する流れに立ち会える楽しみがそこにはありました。
ここまでで収録4時間超えでしたが、演出希望や役者を目指す人には参考になる収録でした。

f0116159_12581863.jpg

しばしの休憩後、年越し収録としてラジオを通して語るたまたま。

すべての収録が終わったのが、八木橋百貨店さんの閉店時間をオーバーしていましたね。

開店前から閉店まで楽しめたのは、八木橋百貨店さんのご協力があってこそ。
宮地さんはじめ八木橋百貨店の従業員のみなさん、ご協力ありがとうございました。
[PR]

by shinshin-blog | 2013-12-23 13:10 | テレビ


<< 2014年      鈴鹿 in Thursday&... >>